『デッドプール2』第1弾ポスターが米国より到着!雑誌とのコラボも決行、しかし編集者から苦情の声

しばらくの沈黙を破り、ついに“俺ちゃん”が再び動き出した。
2016年『デッドプール』の続編、『デッドプール2(仮題)』のプロモーションがスタートし、米国にて第1弾ポスターが公開されている。さらにデッドプールは、米国の有名誌にむりやりコラボ企画を持ち込んだようで……。

『デッドプール2』感謝祭記念ポスター

I cooked this entire turkey using only a Zippo lighter. @vancityreynolds


@deadpoolmovieがシェアした投稿 –

このポスターは、2017年11月23日の感謝祭(Thanksgiving day)に先がけて公開されたもの。我らがデッドプールによってZippoライターだけで焼かれたらしい七面鳥が、映画の主要キャラクターに振る舞われるビジュアルとなっている。
描かれているのは本作で新登場するケーブル、ドミノのほか、前作に登場したヴァネッサ、コロッサス、ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド、ウィーゼル、ブラインド・アル、そしてタクシー運転手のドーピンダーだ。右上の額縁に“レジェンド”スタン・リーも描かれているあたり、再びのカメオ出演に期待してもいいのだろうか……。

米雑誌とのコラボ企画、編集者から苦情の声

また“俺ちゃん”の企みはこれだけにとどまらない。1885年に創刊された米国の超有名女性誌Good Housekeepingの特別号をジャックして表紙に登場、特別記事や上記ポスターが掲載される事態に発展しているのだ。この特別号は全米の多くの都市で入手することができるという。

“Good Housekeeping”ならぬ“Dead Housekeeping”というシャレにならない文句をInstagramに掲載しているデッドプールは、この雑誌に特別メッセージを寄せているほか、七面鳥の切り方やレシピなどのページに登場(紙面の内容は米Colliderで見ることができる)。

 

なおGood Housekeeping誌の編集長であるジェーン・フランシスコ氏は、デッドプールの登場に以下の声明を発表している。

「Good Housekeepingに登場したい、というデッドプールの粘り強さは感動的でした。はじめは彼が誰なのかわからなかったんです、この雑誌のファンだってことさえもわからなくて。何度も彼の…情熱を…無視しようとしたんですが、妥協することにしました。編集者の家に小包を送りつけるのをやめて、Good Housekeepingのオフィスやスタッフの50フィート(約15メートル)以内に近づかないと約束してくれるなら、1号だけ登場できることにしたんです。」

一方のデッドプールは、「何年間も毎週メールを送って、たくさん伝書鳩を飛ばして、Good Housekeepingはやっと返事をしてくれた。夢は叶ったけど、“祭日のごちそう(holiday spread)”の定義については意見がぜんぜん合わなくてさ……」とコメントしている。

映画『デッドプール2(仮題)』は2018年6月1日より米国公開予定。

デッドプール

『デッドプール』
ブルーレイ発売中
¥1,905+税
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント

(C)2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 

Sources: http://collider.com/deadpool-2-poster/
http://collider.com/deadpool-2-good-housekeeping/

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。