『ブレードランナー2049』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、デヴィッド・リンチの怪作『デューン/砂の惑星』リブートに挑む

1982年公開、伝説のサイバーパンク映画『ブレードランナー』。その続編『ブレードランナー2049』で、巨匠リドリー・スコット監督の後継者に抜擢されたのがドゥニ・ヴィルヌーヴ監督だ。『複製された男』『ボーダーライン』が高く評価され、新作『メッセージ』(2017年5月公開)はエイリアンが地球にやってくるという(表面上は)直球のSF大作で、すでに前評判は上々という、現在ピカイチの新鋭である。

そんなヴィルヌーヴ監督が、リドリー・スコットにつづき、再び映画史に残る巨匠の作品を手がけることになった。彼が次に挑むのは、数多くの名作と怪作を世に放ってきた鬼才、デヴィッド・リンチ。しかもそのフィルモグラフィーでも“いわく付き”である『デューン/砂の惑星』(1984年)のリブートである。

映画『デューン/砂の惑星』は、もともとフランク・ハーバートの小説『デューン』シリーズを原作としている。すなわちヴィルヌーヴ監督が手がけるのは、リンチが撮った映画のリメイク/リブートではなく、この原作小説の再映画化ということだ。製作を担当するのはレジェンダリー・ピクチャーズで、同社は小説『デューン』の映画化権およびテレビドラマ化権を取得しているという。なお、ヴィルヌーヴがテレビドラマ版にも関与するかどうかは不明だ。

しかしこの『デューン』には、なんとも恐ろしい前例がある。

かつてリンチが『デューン/砂の惑星』を監督する以前、小説『デューン』の映画化に着手していたのは、『エル・トポ』などを手がけた“カルトの帝王”アレハンドロ・ホドロフスキーだった。豪華キャスト・スタッフを結集して1975年に製作が始動したものの、製作は難航し、ホドロフスキーの降板によって企画は頓挫している。その顛末を追ったドキュメンタリー映画が、『ホドロフスキーのDUNE』(2013年)だ。

つまり、ホドロフスキーの挑戦が失敗に終わった約10年後にリンチが監督した作品が『デューン/砂の惑星』なのである。“リンチ節”ともいうべき演出にはファンも多い映画だが、この作品では監督に最終決定権がなかったようで、劇場公開されたものはリンチ本人が納得していない編集だという。のちにテレビ用に再編集されたバージョンでは、劇場公開版でカットされたシーンも復活しているが、やはりリンチは納得しなかったのだろう、監督はアラン・スミシーという架空の名義となっている。

いわば『デューン』の映画化には、ホドロフスキーとリンチという二人の巨匠監督が挑戦しながら、ともに志半ばで仕事を終えているのだ。三人目に選ばれたヴィルヌーヴ監督は、無事に映画を完成に導くことができるのか? 続報を楽しみにしよう。

『ブレードランナー2049』予告編が公開!ハリソン・フォード演じるデッカードが復活!

source: http://variety.com/2016/film/news/denis-villeneuve-dune-reboot-legendary-pictures-1201929280/
Eyecatch Image: http://theredlist.com/wiki-2-20-777-781-view-1980-1990-profile-1984-bdune-b.html

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。