Menu
(0)

Search

『怪盗グルー』第4作、2024年7月米公開決定 ─ 『ミニオンズ フィーバー』に続くハチャメチャ新作がやってくる

怪盗グルーのミニオン大脱走
(C) Universal Studios

米イルミネーション製作の人気CGアニメシリーズ『怪盗グルー』第4作『Despicable Me 4(原題)』が、2024年7月3日に米公開されることがわかった。米Deadlineなどが報じた。

怪盗グルーは、主人公の大悪党グルーさんを中心に、マーゴやイディス、アグネスの三人娘、そして今や大人気キャラクターとなったミニオンズが繰り広げるハチャメチャコメディ。2010年に第1作『怪盗グルーの月泥棒』が大ヒットした後、『怪盗グルーのミニオン危機一発』(2013)、『怪盗グルーのミニオン大脱走』(2017)が公開。スピンオフとして『ミニオンズ』(2015)も大ヒットを記録した。次回作『ミニオンズ フィーバー』はコロナ禍での延期に見舞われつつ、2022年7月の米公開を控えている(日本公開は2022年中)。

監督は第1作『月泥棒』と第2作『ミニオン危機一髪』を手掛けたクリス・ルノーで、同じくイルミネーション製作『シング』シリーズのアニメ監督パトリック・デラージも共同監督を務める。脚本は『スクール・オブ・ロック』(2003)や『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』(2017)のマイク・ホワイトにバトンタッチ。

本国版声優にはグルー役スティーブ・カレルやルーシー役クリステン・ウィグ、ミニオン役ピエール・コフィン、マーゴ役ミランダ・コスグローヴ、サイラス・ラムズボトム役スティーヴ・クーガンの復帰がアナウンスされている。他キャストも同様の復帰が期待される他、日本語吹替版ではおなじみ笑福亭鶴瓶らがカムバックするかにも注目だ。

また、『怪盗グルー』第4作に合わせて、イルミネーションの新作『Migration(原題)』も発表された。アヒルの家族が過保護な父親を説得し、人生最高のバケーションを過ごすためにニューイングランドからニューヨークへ、さらにバハマまで目指すという現代コメディになるという。こちらも『怪盗グルー』第4作と同じくマイク・ホワイトが脚本を務める。監督はバンジャマン・レネールで、こちらは2023年6月30日。

Source:Deadline,Variety,The Wrap

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly