Menu
(0)

Search

『名探偵ピカチュウ』エンディングソングに「HONEST BOYZ®」が決定 ─ ファレル・ウィリアムスがプロデュース、客演はリル・ウージー・ヴァート

名探偵ピカチュウ
© 2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
© 2019 Pokémon.

『ポケットモンスター』シリーズ初の実写映画名探偵ピカチュウのエンディングソングを、5人組ヒップホップグループのHONEST BOYZⓇが担当することが決定。本作でハリウッドデビューを果たすことがわかった。

HONEST BOYZ®はLDH所属のヒップホップグループで、m-floやTERIYAKI BOYZで知られるVERBALをはじめ、EXILEや三代目 J SOUL BROTHERSのNAOTO、EXILEのMENDY(関口メンディー)のほか、TERIYAKI BOYZのNIGO、DOBERMAN INFINITYのSWAYが参加している。

名探偵ピカチュウ

このたび『名探偵ピカチュウ』のエンディングソングに起用されるのは、新曲「ELECTRICITY featuring Lil Uzi Vert」。プロデュースは、自身も「Happy」など数々のヒット曲を手がけ、グラミー賞11冠に輝くファレル・ウィリアムスが担当。ビヨンセやアリアナ・グランデなどを手がける、プロデューサーとしても抜群の実力の持ち主だ。さらに全米チャート1位のラッパー、リル・ウージー・ヴァートも客演で参加する。

『名探偵ピカチュウ』のプロデューサーであるケール・ボーイターは、「VERBALから今回のHONEST BOYZ®とファレルのコラボについて聞いたとき、映画との繋がりを即座に感じました」と述べる。「彼らも日本から世界へと乗り込んでいる、才能溢れるフュージョングループです。私たちの映画にとっても、HONEST BOYZ®のもつワールドワイドなオーディエンスへリーチする素晴らしい取り組みになると思います」。

HONEST BOYZ®が起用されるのは、日本公開版のみならず、欧米やアジア、アフリカなど世界各国で配給される「オリジナル版」。リリースも海外メジャーレーベルからの配信が予定されており、この新曲で事実上の世界デビューを果たすことになる。

『名探偵ピカチュウ』

かつてポケモンが大好きな少年だったティムは、父親ハリーがポケモンに関わる事件の捜査から家へ戻らなかったことから、父とポケモンから距離を置くようになった。月日は流れ、大人になったティムに、父の元同僚であるヨシダ警部補から、父が事故で死亡したとの連絡が入る。複雑な思いを抱えたまま、人間とポケモンが共存する街・ライムシティへと向かったティムは、父の部屋で名探偵ピカチュウと出会った。ハリーの相棒だったピカチュウは記憶を失っていたが、ティムにしか聞こえない人間の言葉を話し、しかも「ハリーはまだ生きている」と確信していて……。なぜ、ハリーは姿を消したのか。ライムシティで起こる事件の謎とは?

名探偵ピカチュウ
© 2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
© 2019 Pokémon.

見た目はカワイイのに、中身は“おっさん”。名探偵ピカチュウを演じるのは『デッドプール』シリーズのライアン・レイノルズ。ピカチュウの相棒ティム役には『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)のジャスティス・スミス、新米記者ルーシー役はキャスリン・ニュートンが起用された(日本語吹替版はティム役を竹内涼真、ルーシー役を飯豊まりえが担当)。また日本から渡辺謙(吹替も本人が担当)、さらにビル・ナイやリタ・オラ、スキ・ウォーターハウスらが出演する。監督は『シャーク・テイル』(2005)や『ガリバー旅行記』(2011)のロブ・レターマンが務めた。

映画『名探偵ピカチュウ』は2019年5月3日(金)日本先行公開

『名探偵ピカチュウ』公式サイト:https://meitantei-pikachu.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly