Menu
(0)

Search

『魔法にかけられて』続編が正式発表、エイミー・アダムスも続投でDisney+配信に

魔法にかけられて
© Walt Disney Pictures Photographer: Barry Wetcher 写真:ゼータイメージ

ディズニー映画魔法にかけられて(2007)の続編『Disenchanted(原題)』が、米ディズニーの投資家向けイベント「Disney Investor Day 2020」で正式に発表された。劇場公開はなく、Disney+(ディズニープラス)配信作品になるという。

1作目で主人公ジゼル姫を演じたエイミー・アダムスの続投も決定。監督は『ヘアスプレー』(2007)「glee/グリー」(2009-2015)などで知られるアダム・シャンクマン。

既報によると、続編の舞台は前作から10年後で、「“いつまでも幸せに暮らしましたとさ”って何だろう?を描く」とのことだった。ディズニー映画音楽の“レジェンド”アラン・メンケンも前作から続投と伝えられていたが、この度の報道では言及されていない。

『魔法にかけられて』は、ディズニーの伝統的なアナログ・アニメ・パートと実写パートを織り交ぜた2007年の作品。エイミー・アダムス演じるおとぎ話のお姫様ジゼルが現代のニューヨークに迷い込む、アニメと実写の世界観の境界線を逆手にとったファンタジーラブコメ作品だ。第一作目でジゼルは弁護士のロバートと出会い、こうして、いつまでも幸せに暮らしましたとさのナレーションと共にハッピーエンドで幕を閉じていた。

当初は2017年夏撮影開始、2018年公開予定だったが、大幅なリスケジュールが発生していた。ファン待望の続編企画だったが、この度晴れて正式発表となった形だ。

Disney Investor Day 2020発表ラインナップまとめ(更新中…)

スター・ウォーズ

スター・ウォーズ発表全まとめ
ヘイデン・クリステンセン再登場
ローグ・ワン前日譚
アソーカ単独ドラマ
新アニメ登場
パイロット描く新作映画
日本製アニメシリーズが始動
新共和国軍の戦士描く新ドラマ
ランド・カルリジアンの新シリーズ
SW初のミステリー・スリラー
R2-D2とC-3POによる映画も

マーベル・スタジオ

ロキが帰ってくる
アントマン3のタイトル
ついにファンタスティック・フォーが
ウォーマシンのドラマ?
ガーディアンズのホリデースペシャル
アイアンマンの後継者描く
ベビー・グルートの短編シリーズ
ファルコン&ウィンター・ソルジャー、3月配信
ニック・フューリー&タロスで「シークレット・インベージョン」
MCUの“もしも”アニメ「What If...?」予告編
『キャプテン・マーベル2』公開日&新キャストが発表
ドラマ「ミズ・マーベル」特報映像
『インクレディブル・ハルク』ティム・ロス、MCUに復帰
「ワンダヴィジョン」予告第2弾
『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』クリスチャン・ベールの役どころ判明
『ブラックパンサー』続編、チャドウィック・ボーズマン代役は起用せず

ディズニー

『魔法にかけられて』続編
『モアナ』『ベイマックス』『ズートピア』新シリーズが始動
実写版『ピノキオ』『ピーターパン』Disney+へ
『ライオン・キング』ハンス・ジマー&ファレル・ウィリアムズ続投
『ラーヤと龍の王国』米劇場公開と同時に配信
長編アニメ最新作『Encanto』2021年秋に米公開へ

ピクサー

バズ・ライトイヤーの単独映画、クリエヴァが声優で
『カーズ』新作シリーズ
『カールじいさんの空飛ぶ家』スピンオフ作品が進行中

その他

ドラマ「エイリアン」正式始動
ドラマ版「パーシー・ジャクソン」ロゴが初披露
『ナイト ミュージアム』アニメ化決定
『インディ・ジョーンズ』第5作が2021年春に撮影開始

ほか更新中

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly