Menu
(0)

Search

『魔法にかけられて』続編が正式発表、エイミー・アダムスも続投でDisney+配信に

魔法にかけられて
© Walt Disney Pictures Photographer: Barry Wetcher 写真:ゼータイメージ

ディズニー映画魔法にかけられて(2007)の続編『Disenchanted(原題)』が、米ディズニーの投資家向けイベント「Disney Investor Day 2020」で正式に発表された。劇場公開はなく、Disney+(ディズニープラス)配信作品になるという。

1作目で主人公ジゼル姫を演じたエイミー・アダムスの続投も決定。監督は『ヘアスプレー』(2007)「glee/グリー」(2009-2015)などで知られるアダム・シャンクマン。

既報によると、続編の舞台は前作から10年後で、「“いつまでも幸せに暮らしましたとさ”って何だろう?を描く」とのことだった。ディズニー映画音楽の“レジェンド”アラン・メンケンも前作から続投と伝えられていたが、この度の報道では言及されていない。

『魔法にかけられて』は、ディズニーの伝統的なアナログ・アニメ・パートと実写パートを織り交ぜた2007年の作品。エイミー・アダムス演じるおとぎ話のお姫様ジゼルが現代のニューヨークに迷い込む、アニメと実写の世界観の境界線を逆手にとったファンタジーラブコメ作品だ。第一作目でジゼルは弁護士のロバートと出会い、こうして、いつまでも幸せに暮らしましたとさのナレーションと共にハッピーエンドで幕を閉じていた。

当初は2017年夏撮影開始、2018年公開予定だったが、大幅なリスケジュールが発生していた。ファン待望の続編企画だったが、この度晴れて正式発表となった形だ。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly