Menu
(0)

Search

米Disney+月額料金、値上げへ

Disney+
© Disney, All Rights Reserved,

ディズニーの動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)の料金が、2021年3月26日よりアメリカで値上げされる。

月額6.99ドルから7.99ドルへ、1ドルの値上げとなる。年間契約の場合は69.99ドルから79.99ドルへ、10ドルの値上げ。2021年3月26日より新料金となる。また、Disney+とHulu、EPSN+のバンドル版も、月額12.99ドルから13.99ドルへの値上げとなる。

アメリカ以外にも、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アイルランド、ドイツ、オーストラリア、イタリア、スペイン、フランス、スイス、オランダでの値上げが実行/予定されている。

これらは2020年12月の投資家向けプレゼンテーションにて告知されていたもの。この時、ディズニーはDisney+内でハブ展開する新ブランド「Star」を発表していた。「Star」は、ABC、FX、20世紀スタジオ、サーチライト・ピクチャーズのコンテンツが配信されるものだ。値上げの背景のひとつにはこの「Star」があると見ることもできるが、「Star」自体は2021年後半に日本でも導入されると発表されている。海外各国に習えば、日本でも同様の値上げが適応される可能性がある。

ただし日本のDisney+の場合、海外版とは違って4K、HDRや5.1ch、Dolby Atmosの高画質、高音質配信に対応していない。このまま日本でも値上げが行われるかに注目だ。

アメリカにおけるDisney+の利用料値上げはこれが初めて。競合サービスのNetflixは2020年11月に値上げを行っており、スタンダードプランで13.99ドル、プレミアムプランが17.99ドル。据え置きだったベーシックプランは8.99ドルとなっている。HBO Maxは14.99ドル。

Source:Variety(1,2

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly