Menu
(0)

Search

『シャイニング』続編『ドクター・スリープ』日本版本予告&ポスター2種が公開 ─ 呪われたホテルで起こる「新たな恐怖」

ドクター・スリープ
©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

ホラー小説の巨匠スティーヴン・キングによる傑作、『シャイニング』の続編小説をユアン・マクレガー主演で映画化する『ドクター・スリープ』が2019年11月29日(金)に公開される。このたび、キングが仕掛けた“最大の謎”に迫る日本版本予告&本ポスター2点が到着した。


40年前、雪山のホテルで起こった惨劇を生き残った男・ダニーの周囲で、児童ばかりを狙った不可解な失踪事件が起こっていた。ある日、ダニーの前に、特別な力を持った少女アブラが現れる。その少女は能力によって事件を目撃し、それゆえ狂信的集団に命を狙われる身。事件の謎を追うダニーとアブラがたどり着いたのは、惨劇が起こった、あの雪山のホテルだった……。歴史的最高傑作『シャイニング』(1980)から40年、少年ダニーが“呪われたホテル”に戻る。237号室、バスタブの中の老婆、双子の姉妹、そして血のエレベーター。すべての謎が、いよいよ明らかになる。

公開された日本版本予告では、雪山のホテルでの惨劇を“特別な力”で生き残り、いまはホスピスで働きながら人を避けるように暮らしているダニー(ユアン・マクレガー)のもとに、謎のメッセージが届く場面ら始まる。目覚めたダニーの視線の先には、鏡越しに見つめた先には“REDRUM”という文字列が浮かび上がる。反転させると“MURDER”、つまり“殺人”を意味するメッセージだ。

「幼い頃にいた“ホテル”、その住人たちが戻ってきた」。雪に閉ざされたホテルの重い扉を開いたダニーの脳裏に、かつての記憶が鮮烈に蘇る。ダニーの前に現れたのは、“特別な力(シャイニング)”で事件を目撃した少女アブラ(カイリー・カラン)。さらに謎の狂信的集団による児童の失踪事件が続き、アブラにも危険が迫るのだった。「後悔しないか」、アブラに問いかけたダニーは、事件の謎を追い、40年前に惨劇が起こった“呪われたホテル”へと向かう。

ドクター・スリープ
©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

このたび到着した本ポスター2点は、『シャイニング』を彷彿とさせるインパクトたっぷりのビジュアルが目を惹く。赤く染まった“呪われたホテル”の廊下で、三輪車に乗る幼きダニーと、ホテルに戻る大人のダニーが対峙するものと、かつてホテルに狂わされた父親ジャック(『シャイニング』でジャック・ニコルソンが演じた)さながら、破壊されたドア越しにダニーが部屋の中を覗き込むもの。いよいよ「呪われたホテルが、目を覚ます」。

ドクター・スリープ
©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

映画『ドクター・スリープ』は2019年11月29日(金)全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly