Menu
(0)

Search

フランク・グリロ&ドルフ・ラングレン、潜水艦映画で共演へ ─ 日本配給も決定済み

Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9364106514/ | https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/4840639576 | Remixed by THE RIVER

『キャプテン・アメリカ』シリーズや『コンティニュー』(2021)などのフランク・グリロと、『ロッキー4/炎の友情』(1985)や、『エクスペンダブルズ』シリーズのドルフ・ラングレンが新作映画『Operation Seawolf(原題)』で共演ことがわかった。米The Hollywood Reporterが報じている。

『Operation Seawolf』は、第二次世界大戦末期を舞台にした戦争映画。ドイツ軍が連合国に勝利するための手段として、Uボート(潜水艦)を使い、アメリカ・ニューヨークまで航行し、本土への攻撃を試みるという最後の任務が描かれる。グリロとラングレン以外の出演者については不明で、ふたりが演じる役どころについても明かされていない。

監督を務めるのは戦争映画を得意とする、スティーヴン・ルーク。2019年に監督が手がけた『グレート・ウォー』では、第一次世界大戦末期を舞台に、人種の壁を超えて行方不明となった兵隊を救出する軍人たちの物語が描かれた。ルークは監督のほか、『グレート・ウォー』『ヒューマン・ハンター』(2017)のアンドレ・レリスらと共に製作も兼任している。

なお本作の撮影はすでに終了しており、ポスト・プロダクション(撮影後作業)の最中とのこと。2022年に米国公開される予定で、報道によると日本では、ファインフィルムズが配給権を獲得しているようだ。

Source: The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly