Menu
(0)

Search

『ドクター・ドリトル』ロバート・ダウニー・Jr.の吹替は藤原啓治 ─ 日本語キャスト第2弾、小野大輔や朴璐美、中村悠一ほか超豪華23名一挙発表

ドクター・ドリトル

『アイアンマン』『シャーロック・ホームズ』シリーズのロバート・ダウニー・Jr.主演、『ドクター・ドリトル』の日本語吹替版キャスト第2弾として、ダウニー・Jr.の吹替声優としておなじみの藤原啓治をはじめ、小野大輔、朴璐美、中村悠一ほか総勢23名の豪華声優陣が発表された。

主人公ドリトル先生約には、『アイアンマン』『アベンジャーズ』シリーズなど、ロバート・ダウニー・Jr.出演作品の多くで吹替を務めてきた藤原啓治。映画ファンの多くが本作への参加を待望したキャスティングが実現した。

ドリトルと冒険へと向かうユニークな動物たちには、弱虫なゴリラのチーチー役を小野大輔(原語版:ラミ・マレック)、熱血でおとぼけなアヒルのダブダブ役を朴璐美(原語版:オクタヴィア・スペンサー)、寒がりなシロクマのヨシ役を中村悠一(原語版:ジョン・シナ)、メガネをかけた忠実な犬ジップ役を斉藤壮馬(原語版:トム・ホランド)、勇敢なキツネのチュチュ役を沢城みゆき(原語版:マリオン・コティヤール)、おしゃべりなキリンのベッツィ役を花澤香菜(原語版:セレーナ・ゴメス)、リスのケヴィン役を黒田崇矢(原語版:クレイグ・ロビンソン)、モフモフのフクロモモンガ・ミニー役を茅野愛衣(原語版:ニック・A・フィッシャー)が起用された。

一行が旅先で出会う動物たちには、惚れっぽいトンボのジェームズ役を杉田智和(原語版:ジェイソン・マンツォーカス)、アリのマフィアのボスであるドン・カーペンテリノ役を井上和彦、イジワルなウサギ役を諏訪部順一、ドリトルとの間に因縁の過去を持つトラのバリー役を池田秀一(原語版:レイフ・ファインズ)が演じる。

実写キャストの吹替には、若き女王の側近バッジリー伯爵(演:ジム・ブロードベント)に森功至、ドリトルの旅路を邪魔するライバルのドクター、ブレア・マッドフライ(演:マイケル・シーン)に大塚芳忠、ドリトルが愛した妻の父親で海賊王ラソーリ(演:アントニオ・バンデラス)に大塚明夫が起用された。そのほか役どころは発表されていないが、増田俊樹武内駿輔沢城千春福原綾香橘龍丸瀬戸麻沙美泊明日菜の参加が決定。今をときめく人気声優、レジェンド級のベテラン声優が入り乱れる至高のボイスキャストが顔を揃えた。なお吹替版の第1弾キャストとしては、石田ゆり子、八嶋智人、霜降り明星が発表されている。

『ドクター・ドリトル』吹替版キャストコメント

ドクター・ドリトル

藤原啓治(ドリトル先生)

賑やかで子供から大人まで楽しめる作品です。キャラクターもそれぞれに個性があるし、ロバート・ダウニーJr.も楽しんで演技している様子が窺えますね。公開まで今しばらくお待ちくださいませ! とっても愉快な作品になってまーす!

小野大輔(チーチー/ゴリラ)

一般的なゴリラのイメージは強くて豪快な動物だと思いますが、今回演じさせてもらったチーチーは温和で繊細な子です。森の賢者と呼ばれるゴリラの優しさと賢さを表現できるように、声をあてさせてもらいました。大人も子供も老若男女問わず楽しめる、最高のエンターテインメント作品。動物たちが喋る様はぜひ日本語吹替え版で堪能していただきたい! 人間の世界にも通じる、動物たちの純粋な思いを感じていただけたら嬉しいです。

朴璐美(ダブダブ/アヒル)

素敵でハートウォーミングなアドベンチャー作品に参加できてとても幸せです。ダブダブのお茶目さにノックアウトされながら演じさせて頂きました。私もドリトル先生に逢いたいです。ドリトル先生の話を知っている人も、まだこれからの人も、どんな人も楽しめる、たくさんの驚きとワクワク、愛が詰まった作品です。是非ご覧ください!

中村悠一(ヨシ/シロクマ)

実はまだ収録を終えていないので、今は「どういったキャラ作りにするか」思案しているところです。他のメンバーも個性的な方達ですし、映画自体もとてもファンタジックですので苦労し甲斐がありそうです。ご家族で見られるような、素敵なドラマになっています。小さいお子様とご一緒ならば、より日本語吹替え版をお勧めしたいです!

斉藤壮馬(ジップ/犬)

ジップの声を担当させていただきました斉藤壮馬と申します。本編はとにかく動物たちのコミカルな表情と掛け合いが面白かったです! 久しぶりに吹き替えのお仕事をさせていただいたのですが、やはりものすごく刺激的ですね! ジップは落ち着いて忠誠心が高い部分と、かわいい部分があって、収録していてとても楽しかったです。ドリトル先生のユニークな格好よさはもちろんのこと、ストーリーも映像も極上のエンタテイメントになっております! ぼく自身も完成した日本語吹替え版を観るのが今から楽しみです! 何卒よろしくお願い申し上げます!

沢城みゆき(チュチュ/キツネ)

目で見ても賑やか! 耳で聞いても個性豊かなキャラクター達が後から後から活躍する姿に、終始にまにましながら鑑賞しました。私は、(なぜか)お尋ね者のキツネで参加させていただきました。移動手段はキリンです(笑)…見晴らしは最高ですが、終始油断ならない乗り心地だろうに…。スリルを愛する性格のようです。思い返すだけで、思わず笑ってしまうようなそんな動物×声の組み合わせもある、日本語吹替え版! ぜひ劇場でご覧いただけたらと思います。

花澤香菜(ベッツィ/キリン)

ドリトル先生と個性豊かなキャラクター達のテンポの良い台詞のやりとりが堪らなく面白いです! 演じさせていただいたキリンのベッツィは、おてんばですが、ここぞという時に頼りになる子です。昔やんちゃだった感じでとディレクションいただきました。主に走っているシーンだったのですが、手足がこんなに長いなんて、きっと気持ち良く走れるのだろうなぁと想像しながら演じていました。ドリトル先生達の、壮大でドキドキハラハラする冒険をぜひ一緒に体験してください!!!

黒田崇矢(ケビン/リス)

役作りのチェックをしている時に、普通に観客として楽しんでいる自分に気づく程、引き込まれてしまうストーリーと映像美! 私の演じたケヴィンは、ちょっと生意気で臆病なリス! 作品と共に愛してくれると嬉しいです! 是非カップルで、親子で、観に行って下さい。必ず楽しめます。よろしくお願いします。

茅野愛衣(ミニー/フクロモモンガ)

今回ミニーを演じるにあたってフクロモモンガについて調べてみたのですが、こんなに愛らしい生き物がいたなんてと驚きました! つぶらな瞳と小さなお口…私自身も小さくなった気持ちで演じさせて頂きました(笑)。想像力が豊かになりそうな、とても夢のある作品です。お茶目なドリトル先生と普段は聞けない動物達のおしゃべりは、聞いていて思わずクスッとしてしまいそう。是非楽しんでください!

杉田智和(ジェームズ/トンボ)

キャスティングの時点で完成と思われないように、真摯に役と向き合います。

井上和彦(ドン・カーペンテリノ/アリ)

とにかく楽しい映画です。ずっとワクワクしっぱなし、夢がいっぱいつまった作品です。動物を飼っている人だったら、動物と話せるっていう感じはわかると思いますが、こんなに動物と通じあえたらいいな〜と思います。私の今回の役は「ドン・カーペンテリノ」マフィアの蟻のボス。小さな蟻なのにめちゃめちゃ貫禄があります。そのギャップがたまらないですね。本当に楽しい作品です。是非ご家族みなさんで見てくださいねー!

諏訪部順一(ウサギ)

吹替を担当させていただいたウサギの登場シーンは、まさに脱兎のごとく過ぎ去ります。ご覧下さった皆様の記憶に少しでも足跡を残せたのなら幸いです。可愛らしい動物たちがたくさん登場いたします。老若男女を問わず安心してお楽しみいただける作品ですので、ぜひ劇場で!

池田秀一(バリー/トラ)

動物のキャラクターは滅多に演ずる機会が無いのでなかなか大変でしたが、楽しく演らせていただきました。子供から大人まで、カップルで御家族で楽しめる作品です。せちがらい今日この頃、一服の清涼剤になりますように…。

森功至(バッジリー伯爵)

この作品は、今から58年前の1972年に放送されたアニメ作品「ドリトル先生航海記」で、トミー少年(トーマス・スタビンズ)をやっていました。僕が田中雪弥と言っていた27歳のころです。当時の記憶は殆ど薄れてしまいましたが…。今回は、自分が王座に就こうと王女に毒を盛るという役どころですが、懐かしさを噛みしめながら楽しくやらせていただきました。ドリトル先生と動物たちとの、暖かくも心優しい触れあいに、この映画を観た皆さんが、きっと感動してくれることでしょう。

大塚芳忠(ブレア・マッドフライ先生)

最初に思ったのは「可愛いなぁ。。。」です。ドリトルにライバル心剥き出しであらゆる手段を使って上り詰めたいと野心を燃やしている男ですが、分かりやすすぎてこちらにはお見通し。という感じ(笑)。とってもチャーミングですね。本作のキャストの演技力、表現力が素晴らしいです。見ているだけで引き込まれました…! このような作品に出演出来て大変光栄に思います。ぜひお楽しみに!

大塚明夫(ラソーリ)

ドリトル先生、懐かしいですよね。あの頃よりもCG技術が発達して、動物たちが本当に喋っているような臨場感が増しているし、子供たちもきっと楽しめると思います。私も公開を楽しみにしておりますので、是非一緒に楽しみましょう!

あわせて読みたい

『ドクター・ドリトル』

動物と話せるドリトル先生は名医だが変わり者。世間から遠ざかり、様々な動物たちとひっそりと暮らしていた。しかし、若き女王が重い病に倒れたと聞き、ドリトル先生は女王を救える唯一の治療法を求めて、伝説の島へと冒険の旅に出発する。一緒に行く仲間は助手のスタビンズ少年と、先生が最も信頼する親友である頑固なオウム、臆病なゴリラ、とぼけたアヒル、陽気なシロクマ、皮肉屋のダチョウなど個性豊かな動物たち。さらにメガネをかけた忠実な犬、おしゃべりなキリン、賢くて勇敢なキツネ、昆虫など数多くの生き物が登場。旅の中で、ドリトル先生の過去や国を揺るがす陰謀が明らかになっていく。

ドクター・ドリトル
© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

アカデミー賞®受賞歴を持つスティーヴン・ギャガン監督とロバート・ダウニーJr.主演のタッグで話題の本作には、動物役で超豪華ボイスキャストが集結。ドリトル先生の親友であるオウム:ポリネシア役には、『ハワーズ・エンド』(1992)などの名優エマ・トンプソン。臆病なゴリラ:チーチー役には『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)のラミ・マレック。熱血でおとぼけなアヒル:ダブダブ役には『シェイプ・オブ・ウォーター』(2018)などのオクタヴィア・スペンサー。キツネ:チュチュ役を『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』(2007)のマリオン・コティヤール、トラ:バリー役を『ハリー・ポッター』ヴォルデモート役のレイフ・ファインズ、キリン:ベッツィ役を世界のティーンから支持される歌手セレーナ・ゴメス。さらにドリトル先生の犬:ジップ役を、ロバート・ダウニーJr.とマーベル映画で師弟を演じたトム・ホランドが演じる。

映画『ドクター・ドリトル』は2020年3月20日(金・祝)全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly