Menu
(0)

Search

トニー・スタークの代わりをドクター・ストレンジが『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』で務めることになる

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

スタークさん、スタークさんはもういない。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)では「スタークさんロス」によって迷える心につけ込まれ、最悪の事態を招いてしまったピーター・パーカー。まだ若く、指導者が必要であろうピーターが最新作スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームで頼ることになるのは、ドクター・ストレンジだ。

ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチは、ストレンジとピーターの間には「スタークとの関係性のようなところが、少しあります」と英Empireで話している。「そもそも、それほど親密ではないんですけど」とカンバーバッチ。確かに『ノー・ウェイ・ホーム』の予告編で、訪ねてきたピーターに「遠慮しなくていいよ」と歓迎してみたところ、いきなり「じゃあ、スティーヴン」と距離の詰め方が急すぎて困惑するという一幕もあった。

カンバーバッチによれば、経験豊富なストレンジとピーターとの間には「ストレンジな」関係性があり、それが保護者のような役割にシフトしていくのだという。「そして、そこから再びシフトする」ともカンバーバッチは予告。一体ストレンジとピーターの関係は、どう変化するのだろう。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、スパイダーマンとしての正体が全世界にバラされてしまったピーターが、これを“なかったこと”にするべく、ドクター・ストレンジの元を訪れる。ストレンジは、危険すぎるというウォンの警告を無視して魔術に挑戦したところ、どうやら失敗してしまった模様。禁断のマルチバースの扉が開き、ドクター・オクトパスら異世界のヴィランが襲来することとなる。

ドック・オクのほか、既にグリーンゴブリンやエレクトロの登場も判明しており、さらにサンドマン参戦説まで囁かれている。これほど強大なヴィランが一挙に押し寄せるとなると、ピーター1人では到底かないそうにない。Empireにて公開された場面写真でも、スパイダーマンがドック・オクから全力逃亡している姿が見られている。

スターク亡き今、若きピーター・パーカーを支えられるのはドクター・ストレンジだけだ。これまで「傲慢なヒーロー」とも呼ばれたストレンジが、弟子代わりの存在を持つとき、どんな成長を見せるかも見所になりそう。

あわせて読みたい

Source:Empire,Comicbook.com

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly