Menu
(0)

Search

ドレイクが新曲「Laugh Now Cry Later」急遽リリース、ナイキ本社で撮影のMVドロップ

カナダ出身のラッパー、ドレイク(Drake)が、新曲「Laugh Now Cry Later」を日本時間2020年8月14日にリリースした。「今笑って後で泣く」と名付けられたこの楽曲は、過去にもドレイクとコラボ歴のあるラッパーのリル・ダークがフィーチャリング参加した作品となっている。

デイヴ・マイヤーズを監督に迎え、アメリカ・オレゴン州にある「ナイキ」のワールド・ヘッドクォーターを舞台にしたミュージック・ビデオも同時公開された。バスケットボール選手のケビン・デュラントや、アメリカンフットボール選手のマーショーン・リンチとオデル・ベッカム・ジュニアなど、アメリカのスターアスリートが出演する、豪華なビデオに仕上がっている。

クリント・イーストウッド特集

ナイキのウェアやシューズに身を包んだドレイクは、ライトアップされた未来型ベンツに乗って真夜中にヘッドクォーターを訪れ、敷地内のバスケットボールコートでシュートをきめる姿や、従業員用に用意された巨大なストアで豪快にショッピングを楽しむ姿などを披露した他、カメラの前で涙を流すシーンも。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly