Menu
(0)

Search

『The Last of Us』ディレクター、『パニッシャー』『カウボーイビバップ』ゲーム化を希望

パニッシャー

ゲームアンチャーテッド』『The Last of Us』シリーズなどのクリエイティブ・ディレクターのニール・ドラックマンが、マーベル・コミック『パニッシャー』などのゲーム化に興味を示しているようだ。

ビデオゲームサイト「Kinda Funny」グレッグ・ミラーからTwitterにて、ゲーム化したいIP(既存作品)について問われたところ、ニール・ドラックマンは『パニッシャー』を含め5つの作品を挙げた。1つ目の『パニッシャー』とは、モラルや法律に反しても悪を裁く、凶悪な死刑執行人を描く作品で、1989年・2004年・2008年に映画化され、Netflixによるドラマシリーズが2017年から2019年まで展開されていた。

無慈悲で冷酷な死刑執行人を描く残酷な作品であることからも、マーベル・コミックの中では異質な作品であることは言うまでもないが、ニール・ドラックマンは『パニッシャー』のゲーム化に相応しい人材と言えるかもしれない。『The Last of Us』では、秩序が崩壊した世界を舞台に、残酷な行為も厭わない登場人物たちの姿も描かれているからだ。さらに同作では、プレイヤーの倫理観を問うような展開や残酷描写も多いため、相性は抜群と言えるのではないだろうか。

『パニッシャー』のほかニール・ドラックマンは、FPSゲーム『ハーフライフ』、マーベル・コミック『ゴーストライダー』、2Dアクションゲーム『ホットライン・マイアミ』、アニメ「カウボーイビバップ」(1998-1999)をゲーム化したい作品として挙げている。仮に実現した際には、『The Last of Us』『アンチャーテッド』のような、息を呑むビジュアルや、シームレスなアクションに期待したいところだ。

Source: Neil Druckmann , Comicbook.com

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly