あの『クロコダイル・ダンディー』がまさかの復活!息子の冒険を描く新映画の予告編が公開に

1980年代のオーストラリアが生んだ伝説のコメディ映画『クロコダイル・ダンディー』より、新作『ダンディー:ザ・サン・オブ・ア・レジェンド・リターンズ・ホーム(原題:Dundee: The Son of a Legend Returns Home)』が2018年夏の米公開を控えていることがわかった。

『クロコダイル・ダンディー』は、1986年公開の作品。オーストラリアのジャングル奥地の生存競争を勝ち抜いた不屈の男、クロコダイル・ダンディーことミックがニューヨークを訪れるカルチャー・ショック・コメディだ。

今度の主人公はアメリカの都市育ちのダメ息子?


この度の新作『ダンディー』では、初代主人公ミックの息子の冒険が描かれる模様。オーストラリア奥地でミックが行方不明に。捜索の適任者として唯一選ばれたのが、アメリカの都市育ちのうるさい息子、ブライアン・ダンディーだった、という概要が伝えられている。

いかにもダメそうな主人公ブライアン・ダンディーを演じるのは、『トロピック・サンダー /史上最低の作戦』(2008)や『デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜』(2010)など多くのコメディ映画で知られるアメリカ出身のダニー・マクブライド。マクブライドからは、「嘘じゃないよ。リアルなクロコダイル・ダンディーになるために必要なのは、95%はチョッキ。残り5%はズッコケないようにただ突っ立ってるだけ」と、何とも言えないコメントが伝えられている。映像で見られるブライアン・ダンディーは、ワイルドな父ミックとは異なり中肉中背、ナイフを操る手つきもおぼつかない印象だ。映画の公式サイトでは、ワニではなくコアラを肩に乗せた姿が公開されている。

 

なお『ダンディー』では、初代主人公のミックも父親役で再登場を果たすようだ。演じたポール・ホーガンも喜んで語っている

「『クロコダイル・ダンディー』は時の試練に耐えた作品。私の人生において、最も輝かしい成果のひとつです。ここ数年、どうすればダンディーを次世代に引き継げるかと考えていました。新しいクロコダイル・ダンディーを世界に向けてご紹介できることができて嬉しい。間もなく続報も届くでしょう。とても楽しみにしています。」

映画『ダンディー(邦題未定)』は全米で2018年夏に公開予定、日本上陸の詳細は現時点で不明だ。『クロコダイル・ダンディー』は、過去に続編『クロコダイル・ダンディー2』(1988)『クロコダイル・ダンディー in L.A』(2001)が制作されている。

Source:http://people.com/movies/danny-mcbride-is-crocodile-dundees-son-in-exclusive-first-look-at-mysterious-project/
https://dundeemovie.com/
Eyecatch Image:https://youtu.be/PCS657nOY8I

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。