『ブレードランナー 2049』監督、次回作は「大人向けのスター・ウォーズ」 ― 傑作SF小説を映画化、構想明かす

映画『メッセージ』(2016)、『ブレードランナー 2049』(2017)と優れたSF映画を次々に発表したドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、次回作の構想を大胆に語った。
SF作家フランク・ハーバートによる1965年の傑作小説『デューン/砂の惑星』の映画化について、監督は「大人向けのスター・ウォーズと、やや刺激的な言葉を発したのである……!

ドゥニ・ヴィルヌーヴ

Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35397143143/ )

「スター・ウォーズを撮りたいと思ったことはない」

かつてヴィルヌーヴ監督は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977)および『エピソード5/帝国の逆襲』(1980)に愛着があることを明かした上で、今後の作品で監督を務める可能性は「ある」と語っていた
しかし、このたび米FANDOMに語ったところによると、自身が積極的に『スター・ウォーズ』を撮りたいと思ったことはないのだという。むしろそうした欲求は、現在準備が進められている次回作『デューン(仮題)』に向けられているようなのだ。


「『スター・ウォーズ』の主なアイデアは、ほとんど(小説の)『デューン』から来ているものですからね。だからこの映画を撮ることはチャレンジなんです。『スター・ウォーズ』を撮りたいという野心を抱いたことはありません。ある意味、(映画版『デューン』は)大人向けの『スター・ウォーズ』ですよ。」

ヴィルヌーヴ監督は、以前、『スター・ウォーズ』について「作品が『スター・ウォーズ』の言語になってしまう」ところが“危うさ”なのだと指摘していた。監督を降板させてでもブランドを守ろうとするルーカスフィルムへのコメントとして、強い作家性を誇る彼らしい発言ではある……。

それにしても「大人向けのスター・ウォーズ」発言から察するあたり、よもや本作はヴィルヌーヴ監督なりの“『スター・ウォーズ』への回答”ともいえるような作品になるのだろうか。監督が明かしているように、事実として、フランク・ハーバートの原作小説は『スター・ウォーズ』にも大きな影響を与えているのである。

このたびの『デューン』は、全6作からなる原作シリーズのうち、1965年の第1作『デューン/砂の惑星』を基にしたもの。1984年にはデヴィッド・リンチの手で一度映画化されているが、ヴィルヌーヴ監督によれば、その映画は「僕が夢見ていたものではなかった」とのこと。自身が映画化するにあたっては「小説を読んだ際に抱いたイメージをスクリーンに映し出したい」と英Yahoo! MOVIESに対して述べている。

 

なお映画版『デューン』には、どうやら『スター・ウォーズ』よろしくシリーズ化も検討されているようだ。実現するかどうかは保証できないようだが、監督は「(今後)1~2作関わるかもしれませんね」とコメントしているのである……!

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の前作『ブレードランナー 2049』のブルーレイ&DVDは2018年3月2日発売。

Sources: http://fandom.wikia.com/articles/dune-adaptation-will-be-star-wars-for-adults-says-director
https://uk.movies.yahoo.com/dune-reboot-go-back-original-book-says-director-denis-villeneuve-152802919.html
(C) 2017 Alcon Entertainment, LLC., Columbia Pictures Industries, Inc. and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。