Menu
(0)

Search

ロック様ことドウェイン・ジョンソン、うつ病との闘い語る ― 「大切なことは、打ち明けるのを恐れないこと」

ドウェイン・ジョンソン
Photo by Eva Rinaldi https://www.flickr.com/photos/evarinaldiphotography/8557374952/ Remixed by THE RIVER

「ザ・ロック」の名前で愛されるプロレスラーにして、映画『ワイルド・スピード』シリーズや『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(4月6日公開)、『ランペイジ 巨獣大乱闘』(5月18日公開)など大作映画への出演が相次ぐドウェイン・ジョンソン
このたび、『ランペイジ 巨獣大乱闘』のプロモーションで英Express誌に登場した彼は、かつて母親の自殺未遂を目撃したこと、自身もうつ病と闘っていたことを克明に語っている。

「みなさんは一人じゃない」

現在のハリウッドで群を抜いた活躍を見せる肉体派スターが、はじめて精神の不調に間近で接したのは15歳の時だったという。当時住んでいたアパートを追い出された数ヶ月後、母親が自殺未遂に及んだのだ。

「ナッシュビルの高速道路で車から降りて、近づいてくる車に向かっていったんです。大きなトラックと車が、(母を避けるため)道を外れていきました。僕は母をつかんで、路肩の砂利道に引き戻したんです。おかしなことに、自殺未遂について、母はまったく覚えていないんですよ。覚えてなくて良かったでしょうね。」

この時は目撃者だったドウェインだが、のちに自らもうつ病との闘いを経験することとなる。サッカー選手を志していたドウェインは、数々の負傷によってその未来を諦めるほかなかったのだ。カナディアン・フットボール・リーグと契約するも1年以内に解雇され、その後すぐに当時のガールフレンドとの別れも経験したという。

「本当に最悪の時を味わいました。すごく苦しかったし、辛かった。落ち込んで、精神的に参ってしまったんです。その時は何もしたくなかったし、どこにも行きたくなかった。ずっと泣いていましたよ。」

のちにドウェインはプロレスラーになり、俳優へと転身し、現在の成功をつかむに至った。しかし彼は、「もし進み続ける強さを自分の中に見いだせなければ、簡単に自殺していたかもしれません」とも述べている。

「僕と母親は治りましたが、誰かが苦しんでいる時、僕たちはいつも、それにきちんと気づけるよう全力を尽くさなければいけません。彼らの手助けをして、自分たちは一人じゃないんだと思い出してほしいんです。」

このインタビューが公開されたのち、ドウェインのもとには多くの声が寄せられたという。Twitterを通じて、ドウェインはさらにこう呼びかけている。

「うつ病は決して差別されるものではありません。そのことに気づくまで時間がかかりましたが、大切なことは、打ち明けるのを恐れないことです。特に、僕たち男性は(うつ病であることを)隠しておく傾向があります。みなさんは一人ではありません。」

Sources: Express, Variety
Eyecatch Image: Photo by Eva Rinaldi Remixed by THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly