Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』チケット高額転売、アメリカで相次ぐ ─ 100万円を超える入札も

https://www.ebay.com/itm/Avengers-Endgame-2-Tickets-April-28th-AMC-84th-Street-6-Theater-NYC-Mid-Row/123719948720

発売開始後わずか6時間で『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)の記録超え、販売サイトはサーバーダウンや接続トラブルが相次ぐなど、爆発的な売れ行きを見せている『アベンジャーズ/エンドゲーム』の前売りチケットが、アメリカで早くも転売屋の毒牙にかかった

ebayで転売相次ぐ

米ネットオークションサイト大手のeBayを見てみよう。”Avengers Endgame Ticket”で検索すれば、不正な転売出品が続々と現れる。商品ページにはチケット画面や、座席指定画面のスクリーンショットが掲載されている。即決価格はピンキリで、日本円で1万円以上はザラ2万円〜10万円程度の出品が多数確認できる状態だ。

驚くべきことに、100万円を超える出品も発見された。2019年4月28日、ニューヨークはブロードウェイに位置するAMC 84th Street 6の中央列2席分というこの出品には、なんと本記事時点で1名がおよそ102万円(9,199ドル)で入札を行っているのだ。本作はアメリカで26日公開なので、このチケットは公開初日ですらないはずなのだが…。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』前売りチケットは、前述の通り購入希望が殺到したため争奪戦状態に。発売後8時間で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の初週成績の約2倍の売上を記録したという同チケットのために、大手映画館チェーン「AMC Theatres」のウェブサイトは発売直後から発生したサーバーダウンがおよそ6時間も続いたほどだ。

いくらチケットを死守したいからといって、転売は売るのも買うのもルール違反。日本でも4月26日の公開直前にはチケット争奪戦が予想されるが、各劇場には転売対策の本格化が求められる。

もちろん、ファンも転売行為には絶対に関わってはいけない。不正な横流しに手を染めるとどうなるかって?『スパイダーマン/ホームカミング』(2017)のトゥームスのように、いずれ粛清されるべきだろう。

Source:ebay

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly