Menu
(0)

Search

ジェラルド・バトラー主演『エンド・オブ・ステイツ』予告編 ─ 人気シリーズ最新作、世界大戦勃発&アメリカ陥落の危機に挑め

エンド・オブ・ステイツ
(C)2019 Fallen Productions, Inc.

ジェラルド・バトラー主演、『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013)『エンド・オブ・キングダム』(2016)に次ぐ『エンド・オブ』シリーズ最新作『エンド・オブ・ステイツ』の本予告編が到着した。


かつて世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレット・サービス、マイク・バニング(ジェラルド・バトラー)。英雄として名を馳せるマイクは、今もトランブル大統領(モーガン・フリーマン)から絶大な信頼を得ているが、歴戦の負傷は肉体を蝕んでいた。引退も頭をよぎる頃、休暇中のトランブル大統領に空から大量のドローン爆弾が襲いかかる。意識を失ったマイクが目を覚ますと、彼は大統領暗殺を企てた容疑者として拘束され、FBIの尋問を受けていた。隙を突いて逃げ出した彼は、何者かが仕組んだ陰謀の真実を明らかにするため動き出す…。

今回の予告編では、暗殺未遂の容疑をかけられたマイクが、世界大戦の危機が迫るなか、命を狙われながら真犯人を突き止めようと動き出す。ドローン爆弾の奇襲から命がけで大統領を護衛するも、あらぬ疑いによって逮捕されたマイクは、護送車から抜け出すと、助けを求めて父親のもとを訪れるのだ。しかしこの父親、息子を超えるメチャクチャぶり。演じるのは『48時間』シリーズのニック・ノルティだ。

マイク役のジェラルド・バトラーは、待望の最新作について「シリーズに帰ってこられてすごくうれしかった。今回はバニングの過去について、もっと多くを知ることができる。シリーズ最高のアクションがあるのも素晴らしいところで、あらゆる面がレベルアップしていますよ」とのコメントを寄せた。

映画『エンド・オブ・ステイツ』は、2019年11月15日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly