Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』本編映像73秒が米国で公開される ─ 早くも新事実連発、どこまで信じるか

https://www.youtube.com/watch?v=9QbltzIUV6w スクリーンショット

2019年4月26日に劇場公開を迎える、映画アベンジャーズ/エンドゲームの本編映像73秒間が米国で公開された。

この記事には、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレと捉えうる内容が含まれています。米マーベル・スタジオが公式に公開したプロモーション映像ではありますが、事前に情報を入れたくない方はご覧にならないことをお薦めします。

“序の口”

「またストーンを使ってる」。地球のホログラムらしきものを見つめながら、ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)がつぶやく。ブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ)は「人数が足りない、あいつはまだストーンを持ってるんだ」と頭を抱えた。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)で6つのインフィニティ・ストーンを集め、全宇宙の生命を半減させたサノスは、今もまだストーンを使いながら何らかの動きを見せているらしい。

しかし、地球に現れたキャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)は言い放つ。「だから、ストーンを使ってみんなを取り戻す」。ブルースが「そんな簡単に…」とつぶやけば、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)は「ああ、簡単だ」と応じた。ナターシャは「元に戻るのなら、たとえ小さなチャンスでも、いなくなったみんなのためにやるべきだと思う」と同意する。

ブルースは慎重だ。「前と同じようにならないとどうしてわかるんだ?」。キャロルは「前は私がいなかった」と答えるが、ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン(ドン・チードル)も納得していない。「なあ新人、ここにいるのは全員そういうスーパーヒーローなんだよ。良かったら、今までずっとどこにいたのか教えてくれ」。キャロルは「この宇宙には他にもたくさんの星がある」と答えた。「そして残念ながら、そこにはあなたたちみたいな人がいない」

それまで様子を窺っていたソー(クリス・ヘムズワース)がおもむろに立ち上がる。ソーはキャロルに歩み寄って、ストームブレイカーを手元に引き寄せた。ストームブレイカーの起こした風がキャロルの髪を揺らす。わずかに微笑みを浮かべるキャロルに、ソーは「気に入った」と一言。ホログラムを見つめていたスティーブは、視線を移して「クソ野郎をぶっ飛ばそう」と言い放つ。

ルッソ兄弟の情報操作、どこまで?

『アベンジャーズ/エンドゲーム』において、本編の映像が予告編ではない形で公開されたのは今回が初めて。しかし、早くも予告編に登場する多くのカットやいくつかのセリフがこの73秒間に詰め込まれていることがわかるだろう。予告編がいかに本編の数少ない場面を基に編集されているか、今回の映像だけでも察しがつくというものだ。

その一方で、今回の映像からは大きな情報がいくつも明かされている。ひとつは、『インフィニティ・ウォー』の出来事を経た後もサノスがインフィニティ・ストーンを継続的に使っていること。では、その目的は何なのか。そしてもうひとつは、残されたヒーローたちが反撃のために選択する手段である。やはり彼らはインフィニティ・ストーンを奪還し、サノスと同じ方法で失われた人々を呼び戻すという作戦らしい。『キャプテン・マーベル』で描かれていたキャロルの所在が、本人の口から語られていることも大きなポイントだろう。

劇場公開まで約2週間半という段階でここまで見せるのか…と驚かされるが、ひとまずは安心してよさそうだ。本作を手がけるアンソニー&ジョー・ルッソ監督は、これまで観客にサプライズを与えることを「ミッション」とまで言っており、事前のプロモーションについても「映画館に来てもらう前にヒントを出したり答えを明かしたりしたくない」「ディズニーは常に“もっと見せたい側”で、僕らは“あんまり見せたくない側”。ちょうどいい中間を探します」語っていたのである。すなわち現時点で明かされる情報はあくまで序の口、映画冒頭でさらりと明かされる程度の内容である可能性が高い。ファンを手のひらで踊らせがちなルッソ兄弟が、ストーリーの重要な情報をこんな形で明かすわけがないのだ。むしろ、これが本編の73秒間をそのまま抜粋したものとすら言い切れないのである。

とはいえ今回の映像で一番の注目点は、スティーブが「クソ野郎(son of a bitch)」という言葉を使っていることかもしれない。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)でニック・フューリー相手に口にして以来だが、同じ「Language!」案件でもニュアンスがまったく違う。今回は本気なのである。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)全国ロードショー

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly