Menu
(0)

Search

【インタビュー】『この世の果て、数多の終焉』ギョーム・ニクルー監督が見た「歴史の闇」 ─ 凄惨な戦場、なぜ静かに描くのか

この世の果て、数多の終焉
© 2017 Les films du Worso-Les Armateurs-Orange Studio-Score Pictures-Rectangle Productions-Arena Films-Arches Films-Cinéfeel 1- Same Player- Pan Européenne- Move Movie- Ce Qui Me Meut

第二次世界大戦末期、フランス領インドシナを舞台とする戦争映画『この世の果て、数多の終焉』が、2020年8月15日(土)より全国順次公開となる。凄惨な戦場の風景、復讐を求めてさまよう兵士の魂を静謐なタッチで描いた野心作だ。

このたびTHE RIVERでは、監督を務めたギョーム・ニクルーへの単独インタビューを実施。日本にも縁の深い、しかし知られざる歴史を題材とした理由、戦争をめぐる責任についての価値観、製作のスタイル、そしてどの国にも横たわる“負の歴史”の捉え方までをじっくりと聞いた。

1945年3月、フランス領インドシナ。駐屯地での殺戮を唯一生き延びたフランス人兵士のロベールは、兄の殺害に関与したベトナム解放軍将校ヴォー・ビン・イェンへの復讐を誓う。しかし、険しい密林におけるゲリラとの戦いは苛烈を極め、宿敵の居場所はつかめない。復讐心にとらわれたロベールは、ベトナム人娼婦マイに惹かれつつも、理性を失いながらジャングルの奥地へと身を投じていく……。

ベトナムの歴史を遡ると、対米ベトナム戦争の前段にはインドシナ戦争があり、それ以前にはフランス統治下の植民地時代があった。フランス領インドシナとは、19世紀後半から1954年までフランスの支配下に置かれていたインドシナ半島東部(現在のベトナム・ラオス・カンボジア)のこと。当時は日本軍も進駐しており、ベトナムはフランス軍と日本軍に二重支配されていた。本作は、多くの日本人が知らない、衝撃的な歴史の闇をえぐり出した物語である。

この世の果て、数多の終焉
(c) Salvatore Caputo

知られざる歴史を映画にすること

──はじめに、この物語を、この歴史を映画化しようと決めたきっかけを教えてください。

もともと、私はこの時代についてあまり知らなかったんです。フランス人があまり知らない時代なので、(映画を作ることで)当時を発見しようという意味もありました。私たちは第二次世界大戦について、特にフランスとドイツの対立を思い浮かべるものなのですが、その直後にはインドシナ戦争という秘密裏に行われた戦い、非常に混沌とした時代があった。そのことをきちんと見ていく価値があると思ったんです。あまり知られていない、映像が残っていないからこそ想像を働かせる余地もありました。そういう意味では、まるで更地のような、何もないところに物語を立ち上げていくような経験でしたね。

──戦争の残酷さを伝える映画には、暴力描写など過激な表現が全編に用いられる作品も少なくありません。しかし本作は、むしろ描写を抑制し、全編が淡々と進んでいきます。なぜ、このような作風を選ばれたのでしょうか。

実は、インドシナ戦争を経験した知り合いから当時の体験を聞かせてもらったのです。非常に興味深かったのは──同時に困惑したことでもありましたが──、あの戦争では近代的な兵器がほとんど使用されていなかったということ。フランスの兵士たちは、姿の見えない敵を相手に戦っていたんです。そのさなかは、敵と戦うことよりも、ただ待っていることのほうがよほど恐ろしかったといいます。その話を聞いて、「ああ、それが現実なんだ」と思い、そのこと自体を映画にしたいと考えました。

──グロテスクな死体がいきなり目の前に出てくるような表現もあります。それは、兵士たちが悲惨な光景を突如目の当たりにする感覚を再現したいという意図だったのでしょうか。

まさにその通りです。インドシナ戦争とは、ジャングルの中で行われた非常に生々しい戦いでした。2キロ先で爆弾が炸裂して……という、抽象的なところのある戦争ではなく、まさしく目の前で残酷さと直面しなければならない、人間の肉体どうしが近距離で対峙する戦争だったんです。だからこそ、生々しい描写は兵士が見たものとして登場することになります。決して抽象的なものではなかったということです。

この世の果て、数多の終焉
© 2017 Les films du Worso-Les Armateurs-Orange Studio-Score Pictures-Rectangle Productions-Arena Films-Arches Films-Cinéfeel 1- Same Player- Pan Européenne- Move Movie- Ce Qui Me Meut

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly