Menu
(0)

Search

『燃えよドラゴン』リメイク企画が明らかに ─ 『デッドプール2』監督が交渉中

燃えよドラゴン
© Warner Bros. Entertainment Inc.

ブルース・リー主演、伝説のカンフー映画『燃えよドラゴン』のリメイク企画の存在が明らかになった。『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ監督が就任交渉の初期段階にあるという。Deadlineが報じた。

『燃えよドラゴン』といえば、1973年公開の世界的大ヒット作。本作の影響を受け、各国でカンフーブームが巻き起こることとなった。言わずもがな、今日に至るまでなお高い影響力を持つ作品で、2007年頃にも一度リメイク企画が立ち上がっていた。2014年にはスパイク・リー監督が、2015年にはブレット・ラトナー監督がリメイクを手がけるとされていたものの、いずれも実現には至っていなかった。

この度監督への就任交渉が伝えられたデヴィッド・リーチは、直近では『デッドプール2』を世界的ヒットに導いた気鋭の映画監督。数多の映画・ドラマでアクション監督を務めた後、『ジュラシック・ワールド』(2015)や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)などで第二班監督を担当。充分な経験を積んだ上で『アトミック・ブロンド』(2017)で単独監督デビューを果たした。『ワイルド・スピード』シリーズのスピンオフ映画として2019年7月全米公開予定の『ホブス・アンド・ショウ(邦題未定)』への監督就任も伝えられている。

それにしてもなお、明らかに唯一無二の存在であるブルース・リーの存在が大きい『燃えよドラゴン』のリメイクには、相当な覚悟が必要だろう。報じたDeadlineは、「デヴィッド・リーチは聖域に足を踏み入れようとしている」と結んだ。

2018年はブルース・リー没後45年。伝説のドラゴンは新たな息を吹くか。

Source:Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly