Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ダース・ベイダーがホットトイズで立体化 ─ マスク脱着可能

【クオーター・スケール】『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』1/4スケールフィギュア  ダース・ベイダー[ボーナスアクセサリー付き]
(c) & TM Lucasfilm Ltd.

お前が正しかった…。妹にも伝えてやれ…。

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)より、ダース・ベイダーがこれまでにないクオリティでフィギュア化を果たす。ホットトイズの1/4スケール可動式フィギュア「クオーター・スケール」シリーズで登場する。

【クオーター・スケール】『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』1/4スケールフィギュア  ダース・ベイダー[ボーナスアクセサリー付き]
(c) & TM Lucasfilm Ltd.

大迫力の全高約50センチ、30箇所以上が可動。生命維持装置でもある漆黒の装甲服は、独特な形状のマスクとヘルメット、チェーンが付いたケープやインナーの黒いスーツなど、ディテールや素材にこだわり抜き、細部に至るまで精巧な仕上がり。業界トップクラスの塗装技術による、装甲の光沢や質感は必見だ。

【クオーター・スケール】『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』1/4スケールフィギュア  ダース・ベイダー[ボーナスアクセサリー付き]
(c) & TM Lucasfilm Ltd.

胸元の制御機能パネルと、ベルトのシステム機能ディスプレー部には、LEDによるライトアップ機能を搭載。素体は大柄な体格を表現すべく、新たに開発したボディーを採用している。

マスクとヘルメットは着脱ができ、演じる俳優セバスチャン・ショウの肖像権をクリアした素顔を露出することが可能。生々しい傷口、皺や皮膚の質感を再現すべく、一つひとつハンドペイントによる塗装が施されている。

【クオーター・スケール】『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』1/4スケールフィギュア  ダース・ベイダー[ボーナスアクセサリー付き]
(c) & TM Lucasfilm Ltd.

武器として、ライトセーバーが2種付属。
1つ目は、前腕部パーツと一体型のLEDライトアップ機能を搭載したもの。
2つ目は、ベルトに下げたり、ハンドパーツで持つことが可能なもの。それぞれ使い分けることで、さまざまなシチュエーションを楽しむことができる。

【クオーター・スケール】『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』1/4スケールフィギュア  ダース・ベイダー[ボーナスアクセサリー付き]
(c) & TM Lucasfilm Ltd.

またライトセーバーを振った状態を表現できる、差し替え用の光刃パーツが付属している。ルークに切られて負傷した右腕を含む、多彩な差し替え用ハンドパーツを使用すれば、ダース・ベイダーが魅せた印象的なシーンを数多く演出することが可能だ。

台座は、デス・スター内部をイメージした造形のジオラマ風。天面や帝国軍のマークにLEDライトアップ機能を搭載した、豪華仕様だ。

【クオーター・スケール】『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』1/4スケールフィギュア  ダース・ベイダー[ボーナスアクセサリー付き]
(c) & TM Lucasfilm Ltd.

なお、ホットトイズ東京フラッグシップ・ストア「トイサピエンス」限定版では、ヘルメットとマスクの専用スタンドが付属する。LEDによるライトアップ機能を搭載しているので、外した際も幻想的にディスプレーが可能だ。

確かなクオリティでファン憧れのフィギュアを続々とリリースするホットトイズのアイテムの中でも、人気商品はあっという間に予約終了となってしまうことも。「今更手遅れだ、息子よ」となる前にご予約を。

ギャラリー

商品概要

発売:2019年11月発売予定

定価:78,000円(税込)/トイサピエンス予約価格:70,200円(税込)

サイズ:高さ約50センチ

可動:30箇所

付属品:ライトセーバー(ライトアップ機能付き前腕部パーツ)、ライトセーバー、光刃パーツ(×2)、差し替え用ハンドパーツ(×8)、特製台座

ボーナスアクセサリー:ヘルメット専用スタンド

取扱店:東京フラッグシップ・ストア「トイサピエンス」http://www.toysapiens.jp/item/200016310000.html

製品の詳細はこちらをご覧下さい。:
http://www.hottoys.jp/item/view/100007328

※本アイテムは、一般流通の通常版もございます。:
http://www.hottoys.jp/item/view/100007327

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly