Menu
(0)

Search

【ネタバレ注意】スターウォーズ ep8 ルークvsレン騎士団/レイvsカイロ・レン再戦の噂

『フォースの覚醒』公開前にも、多くのネタバレ情報をリリースし、その内容の多くが事実であったスターウォーズのファン・サイトMaking Star Warsから、新たな情報が登場した。

例のごとく、この情報の真偽は定かではない。現時点では単なる『ネットの噂情報』に過ぎない可能性が高いが、念のため『ネタバレ注意』とさせて頂く。映画を実際に鑑賞するまで一切の情報を避けたい方は、この記事をパスする事をおすすめしたい。

【注意】

この記事には映画『スターウォーズ エピソード8』のネタバレとなりうる情報を含んでいます。

 

—–

 

—-

 

 

 

 

 

今回の情報は、ルーク・スカイウォーカーとレイらが、カイロ・レン率いるレン騎士団と戦いを繰り広げる場面の具体的な流れだ。
舞台は、『フォースの覚醒』のラストでレイがルークの元を訪れたあの地球っぽい惑星、Arch-To。夕暮れ、間もなく夜が訪れるという時間帯で、雨が降り始める。
レイは髪を後ろで結っており、『フォースの覚醒』でのベストは着ていない。

カイロ・レンとレン騎士団が海岸に現れる。ここでレンはマスクを被っていない。そして、『フォースの覚醒』同様十字型ライトセーバーを手にしている。コスチュームも、『フォースの覚醒』と同じだ。

夜雨で水たまりを作る崖の上で、レイとカイロ・レンは一対一の決闘に挑む。カイロ・レンは彼女にリベンジを果たしたいのだ。
2人が戦っている間、レン騎士団はルーク・スカイウォーカーを襲撃。ルークは浜で騎士団を対処する事になる。
最初に襲いかかる黒い騎士は斧を持ってルークに突進するが、ルークのフォースによって空中に持ち上げられ、浜に叩きつけられる。
一人目を倒すと、ルークは緑のライトセーバーを灯す。そして、騎士団を一人ずつ倒していく。

レイとカイロレンの決戦は崖の淵まで場所を移している。突然、レイが見当たらなくなる。負傷したのか、崖の影に移動したようだ。
ルークはぬらりとカイロの元へ歩く。カイロは、騎士団が全員やられているのを見ると撤退する。

 

 

今回伝えられている場面描写は以上だ。元記事には『ワイヤーアクションが多く使われている』とも書かれている。ルークのフォースを使ったアクションに使われていたのかもしれない。

ルークとレン騎士団の戦闘については、古い日本映画の殺陣のような情景が浮かぶだろう。年老いた一人の侍が、常人離れした戦闘技術で敵陣を一人また一人と斬っていくのだ。頭数を揃えていた敵陣も、はじめのうちは老いぼれ一人相手に余裕をかましていたかもしれないが、一人、二人といとも簡単に倒されるのを見ると焦って顔を見合わせるに違いない。
日本映画の影響が色濃いスターウォーズだが、エピソード8でこんなシーンがあったとしたら楽しみだ。

繰り返しになるが、今回の情報は公式なものではなく、あくまでも噂である。しかし以前紹介した別の噂でも、Arch-Toのルークとレイの元をカイロ・レンが訪れるという話があったので、この3人がArch-Toで相まみえるプロットは濃厚な説なのかもしれない。

Source:http://makingstarwars.net/2016/05/star-wars-episode-viii-the-knights-of-ren/

Eyecatch Image (Fan Art): DalSifoDyas  http://dalsifodyas.deviantart.com/art/Knights-of-Ren-578738622

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

  1. 【ネタバレ注意】スターウォーズ ep8 ルークvsレン騎士団/レイvsカイロ・レン再戦の噂 https://t.co/EmB3ZvNMpc

  2. Sisyo (@SunClapota)

    今回の情報は公式なものではなく、あくまでも噂である。
    しかし以前紹介した別の噂でも、Arch-Toのルークとレイの元をカイロ・レンが訪れるという話があったので、この3人がArch-Toで相まみえるプロットは濃厚な説なのかもしれない。
    https://t.co/IU3tuYm2K6

  3. 【ネタバレ注意】スターウォーズ ep8 ルークvsレン騎士団/レイvsカイロ・レン再戦の噂 https://t.co/EmB3ZvNMpc 現時点では単なる『ネットの噂情報』に過ぎない可能性が高いが、念のため『ネタバレ注意』とさせて頂く。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly