Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ エピソード8』はルーク&レイの関係、カイロ・レンの“人間性”を掘り下げる映画に!アダム・ドライバーは脚本を絶賛

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が大ヒット中の『スター・ウォーズ』シリーズだが、いつのまにやら2017年、ということは『スター・ウォーズ エピソード8(仮題)』まで1年を切ったということである。

もっとも『エピソード8』は、未だ正式タイトルすら解禁されておらず、気になる予告編も「春には公開される」として、詳しい情報はほとんど聞こえてこない。しかし今回、脚本・監督を務めるライアン・ジョンソンが、USA Todayに本編のカギとなる情報を語ってくれた。

『エピソード8』はルーク&レイの物語

前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、レイ(デイジー・リドリー)が、惑星アク=トゥーで暮らしているルーク・スカイウォーカーマーク・ハミル)のもとを訪れ、古いライトセーバーを手渡す場面で終わった。もちろん『エピソード8』はその“続き”を描く物語になるわけだが、これまでの『スター・ウォーズ』シリーズは、一作ごとに少しだけ時間が飛ぶのが通例であった。

しかしジョンソン監督によると、『エピソード8』は『フォースの覚醒』の直後から始まるという。

「2年後まで飛ばしたくなかったんだ。(『フォースの覚醒』で)起こったことの、まさに次の瞬間を見たかったんだよ」

ジョンソン監督によると、『エピソード8』では、レイとルークがどのように関係を結んでいくのかがキーになるようだ。また、「ルークはなぜ惑星アク=トゥーにいるのか、そして次に何をするのか」という点が物語の大きなポイントになるという。

また『エピソード8』では、レイはフォースに目覚めたことで“さらに大きな世界”へ導かれるらしい。しかし監督いわく、レイは「自分に与えられた力と才能を理解する」という課題を背負っているというのだ。

「彼女の第一歩は、今まで知らなかったものが自分の内側にあることと折り合いをつけること。そして、その可能性を明らかにすることだよ」

新3部作の主人公であるレイと、クラシック3部作の主人公だったルーク。新3部作の2作目は、いわば“師弟もの”としての側面が強い作品になるのかもしれない。いや、もしかして“二人の主人公”と言いかえてもいいのだろうか……。

“裏の主人公”カイロ・レン

『スター・ウォーズ』新3部作を語る上で欠かせないのが、ハン・ソロとレイアの息子であるカイロ・レンアダム・ドライバー)だ。インタビュー番組“Larry King Now”に登場したドライバーは、『エピソード8』のレンで「どんなところが楽しみ?」と尋ねられると、こう答えている。

「漠然とした答えになっちゃうけど、人間性かな。とんでもないブロックバスター・ムービーではあるけど、(そういう部分が描かれるのが)当たり前とは思わないんだ。(『フォースの覚醒』は)間口を広げざるを得なかったしね。(新3部作の)第1作には、効果的な作劇上のポイントがたくさんあった。第2作ではそれらを明らかにしていくよ。両方をやることに意味があるのさ」

確かにカイロ・レンという存在には、まだ分からない点がたくさんある。父ハン・ソロを殺してしまったカイロ・レンには、どんな過去があり、またどんな未来が待っているのだろうか?

またドライバーは、以前ジョンソン監督による脚本を絶賛していた。

「彼(ジョンソン監督)は素晴らしい監督だよ。脚本も彼が書いてるけど、曖昧さやニュアンスの大切さを理解してるんだ。彼の書いたものは見事だと思うよ」

否応なしに期待は高まるというものだが、ひとつ懸念があるとすれば、レイア姫役のキャリー・フィッシャーが急逝したことにより、現在ルーカスフィルムが『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019年公開予定)の内容を再検討していることだ。すでに『エピソード8』の撮影は終了しているため、同作に影響はないとみられるが、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の内容次第では、ストーリーの変更や再撮影などが加わる可能性も否定できない。作品の今後は、まだ誰にも予想できない状況である。

映画『スター・ウォーズ エピソード8(原題)』は2017年12月15日全米公開予定。

sources: http://amp.usatoday.com/story/95949150/
http://www.thedailybeast.com/articles/2016/12/24/adam-driver-star-wars-episode-viii-is-remarkable.html
http://www.cbr.com/star-wars-episode-viii-explores-kylo-rens-humanity-says-driver/
Eyecatch Image: http://starwars.wikia.com/wiki/File:Rey_hands_Luke_Skywalker_his_old_lightsaber.png
http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/news/star-wars-episode-8-two-potential-titles-revealed-a6916861.html (remixed by THE RIVER)
© Disney
TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly