スターウォーズ エピソード8 仮タイトルと仮ロゴマークが明らかに

制作のスタートも公式にアナウンスされている『スターウォーズ / エピソード8』から、制作関係者の間だけで使われるフェイクの仮タイトルと仮ロゴが明らかになった。

架空の会社名と架空のプロジェクト名のもとに映画の撮影を進めるのは、ここ数年でハリウッドでトレンドになっているらしい。たとえば『スターウォーズ』という明らかな名前で世界中を動いていたら、嗅ぎつけたファンが集まってしまい大変なことになってしまうからだ。
ちなみに『スターウォーズ / ジェダイの帰還』は”Blue Harvest“というフェイク・タイトルで制作が進められていたのは、ファンの間で有名なエピソード。

さて、エピソード8は?
Bussines Insiderなど複数の海外メディアが報じるところによると、『スターウォーズ / エピソード8』のフェイク・タイトルは

“Space Bear”

で、”Foodles Productions Ltd.”という架空の制作会社の名のもとで動いているらしい。
ちなみに”Foodles”とは、ディズニーの子供向けオヤツの名前だ。

foodles

そして今回、レイア姫役のキャリー・フィッシャーが投稿したツイートに、エピソード8の仮タイトルロゴが写っている。

 

 

スペース・ベアー エピソードⅧ。
フォースの覚醒でのレイのようなターバンを巻いたパンダのマークが見える。

starwars-episode8-logo

このタイトルはあくまで制作者向けのフェイク。プロジェクトの機密性を守るためのもので、公開時のものとは全く異なる。
また、いわばコードネームのようなもので、映画の内容とはほとんど関係がないと見て良い。
「スペースベアー?エピソード8ではイウォーク族が帰ってくるのか?」と推察しても不毛かもしれない。
ただ、ディズニー傘下となった今、小さな子供にもウケるイウォークを再登場させようという意図はあながち有り得なくも無い気もするけど…。

ewok

goforcechokeyourself.tumblr.com/post/25746479394/this-is-right-after-he-smashed-the-rest-of-my-unit

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • @oriver_cinema 2016年2月21日 at 8:16 AM

    【速報】スターウォーズ エピソード8 仮タイトルと仮ロゴマークが明らかに https://t.co/7w2XSqv3Si
    スペースベアーのマークがリーク!

    Reply
  • @kobo97 2016年2月21日 at 11:45 AM

    スターウォーズ エピソード8 仮タイトルと仮ロゴマークが明らかに https://t.co/zoeHGTScdy

    Reply
  • @hama_ws 2016年2月22日 at 12:04 AM

    スターウォーズ エピソード8 仮タイトルと仮ロゴマークが明らかに https://t.co/aSqi28ybrT

    Reply