『スター・ウォーズ エピソード9』美術監督に『ブレードランナー 2049』の俊英スタッフが就任!充実の顔ぶれで3部作完結へ

映画『スター・ウォーズ』シリーズの現行3部作を締めくくる、『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』のスタッフ陣に注目だ。
このたび、映画の美術などを統括する美術監督に、『ブレードランナー 2049』(2017)のポール・イングリス氏が就任したことがわかった。米Omeda Undergroundが伝えている。

『ブレードランナー 2049』(2017)より (C) 2017 Alcon Entertainment, LLC., Columbia Pictures Industries, Inc. and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ブレードランナー 2049

『ブレードランナー 2049』(2017)より (C) 2017 Alcon Entertainment, LLC., Columbia Pictures Industries, Inc. and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督とのタッグによって、『ブレードランナー 2049』で偉大なる前作のビジュアルを推し進めてみせたポール氏は、過去に『007 スカイフォール』(2012)や『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015)、『トゥモロー・ワールド』(2006)、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン1(2011)で美術監督を担当。こうして作品タイトルを並べただけで、その確固たる実力は十分に証明できるはずだ。なお、ポール氏が『スター・ウォーズ』シリーズに参加するのは本作が初めてとなる。

ポール氏の起用で注目したいのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)から『エピソード9』まで一貫して衣装デザインを担当するマイケル・カプラン氏とのタッグだろう。マイケル氏は『ブレードランナー』(1982)で衣装を手がけているため、作品のビジュアルを左右する2部門が新旧『ブレードランナー』のコンビで固められたことになるわけだ。
かつて“王道のSF作品”とされた『スター・ウォーズ』へのカウンター的に製作された『ブレードランナー』のDNAが、こうして『スター・ウォーズ』に逆流するとなれば、スタッフワークにもがぜん関心が高まってくる。そういえば『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)では、ライアン・ジョンソン監督も『ブレードランナー』の衣装を参照していた……。

ちなみに『フォースの覚醒』以降の作品でクリーチャーのデザインを担当するニール・スカンラン氏は、ポール氏と『プロメテウス』(2012)にて共同作業を経験済み。これまた『ブレードランナー』と同じくリドリー・スコット監督による『エイリアン』シリーズの作品というわけで、思わぬ共通点というべきか。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2019年12月20日より米国公開予定。撮影は2019年夏より開始されるとのことだ。
なお、映画『ブレードランナー 2049』のブルーレイ&DVDは2018年3月2日発売。

Source: https://omegaunderground.com/2018/02/12/episode-ix-lands-blade-runner-2049-got-art-director-paul-inglis/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。