デンゼル・ワシントン主演『イコライザー2』米国版予告編映像が公開に ─ 今度は10秒で悪党をブチのめす!スター・トレックの小ネタも

デンゼル・ワシントン主演のアクション・スリラー『イコライザー』(2014)の続編となる『イコライザー2(原題:The Equalizer 2)』の米国版予告編映像が公開された。映像にはデンゼルがストップウォッチをセットし、悪党どもを10秒で血祭りに上げる職人芸が映し出されている。

『イコライザー』の主人公は、CIAの元凄腕エージェントで、現在はホームセンターで働くロバート・マッコール(デンゼル・ワシントン)。前作では少女娼婦アリーナ(クロエ・グレース・モレッツ)を救ったことをきっかけに、彼女を搾取していたロシアン・マフィアを壊滅させていく様子が描かれた。

この度公開された予告編からはストーリーの詳細は読み取れないものの、誘拐された少女を救い出しているらしきシーンや、様々な場所で繰り広げられるアクションシーン、『スター・トレック』のハンドサインを用いた小ネタなどが含まれており、見どころ満載の映像となっている。気になるのは「奴らは俺の友人を殺した。だから奴らを一人ずつ全員殺す。ひとつだけ残念なのは、1回しか殺れないってことだ」というセリフ。この発言は一体何を意味しているのだろうか?

『イコライザ―2』では主演のデンゼル・ワシントン、および前作でメガホンを取ったアントワーン・フークア監督が続投。また主人公ロバートの友人夫婦を演じたビル・プルマンとメリッサ・レオも再登場を果たす。また役柄詳細は不明なもののヴィランとして『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)のペドロ・パスカル出演する他、『ムーンライト』(2016)のアシュトン・サンダースもキャスティングされている。

映画『イコライザー2(原題:The Equalizer 2)』は、2018年7月20日より米国公開予定。日本の公開情報が待たれるところだ。

Source: Variety(1,2), Deadline

About the author

THE RIVER編集部。カンフー、パルクールなどのアクションが大好物

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。