Menu
(0)

Search

『イコライザー3』はイタリアが舞台、マッコールさんついに海外へ

イコライザー2
© 2018 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

デンゼル・ワシントンの代表作イコライザーシリーズの第3作、『The Equalizer 3(原題)』の舞台がイタリアとなることがわかった。米/Filmにてアントワーン・フークア監督が認めた。

『イコライザー』は人気テレビドラマ「ザ・シークレット・ハンター」(1985-1989)を原案として、元CIAエージェントのロバート・マッコールの活躍をスタイリッシュに描いてきた人気シリーズ。2014年製作の第1作では、ホームセンターの従業員であるマッコールが少女を救うためロシアン・マフィアと対決。2018年製作の第2作では、ドライバーに転職したマッコールが、CIA時代の元上官が惨殺された事件の真相を追った。

第2作が公開された2018年夏、フークア監督は第3作の実現に期待を込めて「(次回作は)世界を舞台にしたい。デンゼルは素晴らしいジェームズ・ボンド型のキャラクターになると思うから」と述べていた。イタリアを舞台にすることは、いわば当時からの悲願が叶った形だ。

「(第3作は)イタリアで撮影します。楽しくなると思いますよ。今はロケハンをしているところで、おそらくサルデーニャ島やアマルフィはどこかで登場するでしょう。小さな村、海沿いの村のようなところも探していますし、シシリアやナポリにも行くと思います。」

現時点で第3作のストーリーは明かされておらず、全編がイタリアで撮影されるのか、それとも一部の舞台がイタリアになるのかはわからない。しかし監督の言葉から想像するに、各地での撮影が計画されているようだ。なおフークアによると、第3作では「ロバート・マッコールについてもう少し明かされる」とのこと。マッコールの新たな事実が物語のカギを握るのだとも語られている。

出演者はデンゼル・ワシントンのほか、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)のダコタ・ファニング。ふたりは『マイ・ボディガード』(2004)以来の再共演となる。脚本は『イコライザー』シリーズを手がけてきたリチャード・ウェンク。プロデューサーにはデンゼルのほか、過去作からトッド・ブラック、ジェイソン・ブルメンタル、スティーヴ・ティッシュが再就任している。

映画『イコライザー3(原題:The Equalizer 3)』は2023年9月1日に全米公開予定

Source: /Film, Cinema Blend

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly