Menu
(0)

Search

『エターナルズ』脚本家、『ファイナルファンタジーVII』映像化が夢 ─「僕の人生を変えた作品」

FINAL FANTASY VII REMAKE
スクウェア・エニックス

7000年ものあいだ、人類を見守ってきた守護者たちを描く一大群像劇『エターナルズ』(2021)では、クロエ・ジャオ監督をはじめ、複数の脚本家により壮大な物語に息が吹き込まれた。その脚本家のひとりであるカズ・フィルポには、“ある壮大な夢”があるのだという。

それは、『ファイナルファンタジー』ナンバリングシリーズとして絶大な人気を誇る普及の名作、『ファイナルファンタジーVII』を映像化することのようだ。同作は、1997年にPlayStation向けに発売されたロールプレイングゲームで、主人公の元ソルジャーのクラウドをはじめ、彼の仲間たちが星の未来をかけた運命の戦いに身を投じる姿が描かれる。2020年には、『FINAL FANTASY VII REMAKE』としてオリジナルゲームのリメイク版が発売された。

『エターナルズ』と同じく壮大な物語や、魅力的な登場人物が数多く登場する『ファイナルファンタジーVII』。Polygonのインタビューにてカズ・フィルポは、『ファイナルファンタジーVII』について、「幼い頃にプレイして、僕の人生を変えました」と説明した上で、自身の脚本作りへの影響を語っている。「物語の中で何が出来るのか、僕の視野を間違いなく広げてくれました」。また、『ファイナルファンタジーVII』が『エターナルズ』の脚本執筆時に話に上がることが日常的にあったとして、その影響を認めている。

『ファイナルファンタジーVII』はカズ・フィルポにとって、『エターナルズ』にも影響を与えるほどの大切な作品というわけだが、『ファイナルファンタジーVII』の映像化にも関心があるようだ。「僕の夢は、『ファイナルファンタジーVII』を史上最も壮大な物語に仕上げることです」。『ファイナルファンタジーVII』は、『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN』としてアニメ化されたことは過去にあるが、実写化されたことはない。カズが脚本を務める実写化企画が実現した際、監督は誰になるのか。自身が務めるのか、それともクロエ・ジャオ……?

Source:Polygon

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly