もしホラー映画の悪役たちが日常風景に溶け込んでたら?『Everyday Horrors』が意外とハートウォーミングで素敵

あなたは日常生活の中で、例えば街を歩いていて、モールで買い物をしていて、レストランで食事をしていて、あるいはトイレで用を足していて、そんな時に偶然、映画スターに出会った経験はあるだろうか。

まあ映画スターというと、どうしても日本国内ではなく海外を想像してしまいがちであるが、日本にもハリウッドの映画スターが訪れてプライベートな時間を過ごすことはあるだろうし、まあハリウッドのスターではなくても、日本のタレントや俳優だって、誰かにとってはスターかもしれないから、そういったスターを偶然見かけたり、握手してもらったり、サインをねだったりした経験を持つ人は、案外多いのかもしれない。

ぼくはと言えば、自分のスターには出会ったことはないが、かつて悪役として名を馳せた安岡力也には、偶然出会って握手をしてもらったことがある。当時は別にファンでも何でもなかったのだが・・・、その場の勢いで握手はしてもらった。ただあとから思い返せば、彼はぼくが愛してやまない伊丹十三の映画『たんぽぽ』にもメインキャストとして出演しているし、リドリー・スコットの『ブラック・レイン』(Black Rain)にはヤクザの親分の用心棒役として出演していたこともある。だからあの時、ツーショット写真の一枚でも撮っておけばよかったなあと、少しだけ悔やまれる。

話がそれてしまったので軌道修正をしよう。

まあ一概に映画スターと言っても人によって捉え方は様々で、俳優自身に憧れている人もいれば、その俳優が映画の中で演じている登場人物に憧れを持っているという場合も大いに有り得るだろう。例えばアメコミを実写化した映画の中のスーパーヒーローに恋い焦がれたり、ファンタジー映画の中に登場する騎士に惚れ込んだり、あるいは犯罪ドラマの影を担う異常なサイコパスのダークな側面に惹きつけられるということもあるだろう。

そういう存在で言えば、ぼくは断然ホラー映画に出てくるモンスターや怪人物、つまり悪役のファンだったりする。

だから例えば、『13日の金曜日』(Friday The 13th)のジェイソン・ボーヒーズだったり、『エルム街の悪夢』(A nightmare on Elm Street)のフレディー・クルーガーだったりに偶然街で出会ったりしたら、ちょっとテンションがあがると思う。もちろんあれは映画の中の登場人物なので、彼らが街のどこかに住んで生活していて、カフェでお茶を飲んでいるフレディにばったりで出くわすなんてことは、可能性として完全にゼロに近いのだが・・・。

ところが、そのもしもを再現するというコンセプトで、ホラー映画の悪役スターたちの日常をカメラに捉える『Everyday Horrors』というプロジェクトを始動させたジェイソン・シャルツ(jason shaltz)という人物がいる。

ホラー映画の『アイツ』の日常?

ホラー映画の中のアイコニックな悪役たちが、映画の中で悪の限りを尽くしている以外の時間、つまりプライベートな時間はいったいどんな生活を送っているのか、それをカメラに収めようというわけである。

それでは、ホラーなスターたちの日常を覗いてみよう、あっ、ちなみにシャルツさんがニューヨーク在住ということで、ホラーなスターたちの活動拠点も基本的にはニューヨークということになっているようである・・・。

本屋で立ち読みするレザーフェイス

Leatherface

https://www.etsy.com/jp/shop/RottenCake

書店でバーベキューの本を立ち読みする『悪魔のいけにえ』(The Texas Chain Saw Massacre)のレザーフェイスことババ(ジェディダイア)・ソーヤー。映画の内容からすると、ありそうな光景ではある。普段はわりと小奇麗な格好をしているが、チェーンソーは常に持ち歩いているのだね。

新聞を熟読するフレディ・クルーガー

Freddy Krueger

https://www.etsy.com/jp/shop/RottenCake

ニューヨーク・タイムズ紙を熟読する『エルム街の悪夢』のフレディ・クルーガー。プライベートのくつろぎタイムはちゃんと着替えて過ごすようである、ここは自宅の前なのかな。ライオネル・リッチーのコーヒマグを愛用。結婚指輪してるけれど・・・、あれ、フレディって結婚してたんだっけ?

スーパーでお買い物中のブギーマン

Michael Myers

https://www.etsy.com/jp/shop/RottenCake

スーパーマーケットで買い物をする『ハロウィン』(Halloween)のブギーマンことマイケル・マイヤーズ。スナック菓子を買おうとしているのかな。周囲の人がまったくの無反応、常連客なのかもね。

スケート教室に興味津々のジェイソン

Jason Voorhees

https://www.etsy.com/jp/shop/RottenCake

スケート教室のポスターに見入る『13日の金曜日』のジェイソン・ボーヒーズ。ホッケーマスクもかぶっているし、次はやっぱりスケートだよね。なぜかわからないが、おかしくもありつつ、ちょっと切ない写真である。

公園でルービックキューブに挑むピンヘッド

Pinhead

https://twitter.com/JShaltz

公園のベンチでルービックキューブに夢中になる『ヘルレイザー』(Hellraiser)の魔道士ピンヘッド。完全に普段着。手に持っているのがルマルシャンの箱じゃなくてルービックキューブで安心した。

フライト待ちのペニーワイズ

Pennywise

https://twitter.com/JShaltz

空港でフライトを待つ『イット』(It)のペニーワイズ。いったいどこに行くのか知らないが、実際に目撃したら、これはちょっとホラーだなあ。2016年に話題になったクリーピーなピエロ目撃事件が頭を過る風景。スチュワーデスが反応してるでしょ…。

 

シャルツさんはこんな風にして、日々ホラーな悪役たちの日常を取り続けている。そしてこの『Everyday Horrors』関連の写真やグッズは販売もしているので、興味のある方は以下のウェブサイトを訪れてみていただきたいし、彼自身のTwitterには最新の写真もアップされているので、そちらも追いかけてみていただきたい。

Everyday Horrors』ショップ:https://www.etsy.com/jp/shop/RottenCake

ジェイソン・シャルツさんのTwitter:https://twitter.com/JShaltz

もしかしたら今ニューヨークに行けば、実際にジェイソンやフレディに会えるかもね。街でばったりホラー映画の悪役スターに出会う夢が叶うチャンスかもしれない!

About the author

普段はあまり摂取しないコーヒーとドーナツを、無駄に欲してしまう今日この頃。You know, this is - excuse me - a damn fine cup of coffee.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。