Menu
(0)

Search

ユアン・マクレガー&マーク・ストロング、ダグ・リーマン監督新作で共演へ ─「そこにエベレストがあるから」の名言で知られる登山家を描く

ユアン・マクレガー&マーク・ストロング、
Photo by CC BY-NC 3.0 https://vimeo.com/63324878 | Siebbi http://www.ipernity.com/home/siebbi | Remixed by THE RIVER

『スター・ウォーズ』『トレインスポッティング』シリーズのユアン・マクレガー、『キングスマン』シリーズのマーク・ストロング、「アウトランダー」(2014-)のサム・ヒューアンが新作映画『Everest(原題)』で共演することがわかった。メガホンをとるのは、『ボーン・アイデンティティー 』(2002)『オール・ユー・ニード・イズ・キル 』(2014)などのダグ・リーマン監督。米Deadlineなどが報じている。

ジェフリー・アーチャーによる小説『遥かなる未踏峰』に着想を得た本作の主人公は、実在の登山家ジョージ・マロリー(ユアン・マクレガー)。1921年、ジョージはロイヤル・ジオグラフィック・ソサエティのアーサー・ヒンクス(マーク・ストロング)に推薦され、エベレスト登頂といういまだかつて誰も成し遂げることの出来なかった偉業に挑むことになる。

ジョージのライバルとなるのが、エキセントリックなオーストラリア人の登山家、ジョージ・フィンチ(サム・ヒューアン)。ふたりの前代未聞な挑戦は自国に一旗揚げるためではなく、自分自身の可能性を試すためのものだった。ちなみに、ジョージは「そこにエベレストがあるから」という名言を残した登山家。またエベレスト遠征中に亡くなっており、ジョージが実際に世界初の登頂を果たしたか否かは未だ謎に包まれている。

脚本を手掛けるのは、シェルドン・ターナー。『マイレージ、マイライフ』(2009)の脚本や、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011)の原案などで知られる逸材だ。撮影監督は『ミッドナイト・スカイ』(2020)のマーティン・ルーエ、音楽は「TRUE DETECTIVE」(2014)のT・ボーン・バーネット、プロダクション・デザイナーは『スパイダーマン ホームカミング』(2017)『ヴェノム』(2018)のオリバー・スコールが担当する。撮影は2022年1月22日より、イギリスやイタリアで実施されるとのことだ。

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly