ファンタスティック・フォー、映画権利はMARVELに渡ることなく引き続き20世紀FOXが保持する事が判明

予告編にあったシーンのほとんどが本編からカットされる、4人がヒーローになる頃には映画の終演時間間近で、活躍がほとんど無い…。
など、#HEROSTANDでも辛口レビューをアップした映画『ファンタスティック・フォー』のリブート版。

【感想レビュー】2015版ファンタスティック・フォーを観なくていい4つの理由

酷評されながら全米での公開を終了し、日本でも現在公開中の本作を制作したのは、マーベルスタジオではなく20世紀FOX。

海外の主要メディアサイトでは、ファンタスティック・フォーの映画制作権利がFOXからMARVELに戻され、2020年に再リブートされるという噂が立っておりましたが、20世紀FOXがこれを「全くもって事実と異なる」と完全否定しました。

ファンタスティック・フォーは引き続き20世紀foxが権利を保持

この噂の元となっていたのは、FOXとMarvelがタッグを組み、X-MenのキャラクターをフィーチャーしたTVドラマをスタートさせるというもので、MARVELはここでX-MenのキャラクターをFOXに渡す代わりにファンタスティック・フォーを返してもらうという「取引」があったというもの。

さらにMARVELが発表した、2020年までのマーベル・シネマティック・ユニバース関連の映画公開予定タイムラインの中には、タイトル未発表の未知の作品が2020年の5月、7月、11月に3本組み込まれており、これがファンタスティック・フォーになるのではないかと噂されていたのでした。

この噂をFOXが否定した事により、ファンタスティック・フォーがMARVELに戻る可能性は当面なくなってしまいました。

とは言え、同様に20世紀FOXが制作した「X-MEN フューチャー&パスト」に登場したクイックシルバーが、役者や出自を変えて「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」に登場したように、ミスター・ファンタスティック、インビジブル・ウーマン、ヒューマン・トーチ、ザ・シング、そしてドクター・ドゥームの面々が異なる設定・役者でマーベル・シネマティック・ユニバース作品に登場する可能性は、まったくもってゼロという事はないのかもしれません。

クイックシルバー画像出典:http://movieweb.com/avengers-2-age-ultron-quicksilver-x-men-flash/

情報出自:http://www.denofgeek.us/movies/fantastic-four/249823/update-fox-denies-fantastic-four-marvel-rumors

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ