Menu
(0)

Search

『ファンタビ』主人公のニュート、『ハリー・ポッター』にこっそり登場していた ─ ニッチなトリビアをご紹介

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
© 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights © JKR.

ファンタスティック・ビースト』シリーズの主人公、魔法動物学者のニュート・スキャマンダーが『ハリー・ポッター』シリーズに登場していたことをご存知だろうか?第3作『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2003)にこっそりと“写って”いるのだ。

『ファンタビ』で語られている通り、ファンには若き姿のニュート・スキャマンダーがお馴染みだが、『ハリー・ポッター』の時代では100歳近くと老齢だ。スキャマンダー老人は『アズカバンの囚人』のどのシーンで姿を見せていたのだろうか。厳密に言えば、姿は見せていない。

一体どういうことなのか?ご覧いただきたいのは、ハリー・ポッターが双子のジョージとフレッドから譲り受けた「忍びの地図」を初めて覗くシーン。ホグワーツ魔法魔術学校内を歩く人物を表示する地図上には、ダンブルドア先生をはじめ、幾つもの名前が確認できる。その中に、ニュート・スキャマンダーの名前も含まれているのだ。

これは、画面を止めて凝視しないと気がつくことができないようなトリビアとしてファンの間では知られている。しかし、気になるのはスキャマンダー老人はホグワーツに何の用事があったのか、ということ。彼といえば、ホグワーツの指定教科書の一つである『幻の魔法動物とその生息地』の著者で知られている。

ところで、ちょうどこの年から、森番のハグリッドが魔法生物飼育学の教授に就任していることも興味深い。もしかするとスキャマンダー老人は、ハグリッドから授業の相談を頼まれていたのかもしれない。もしそうならば、かつてお世話になったダンブルドア先生と「一杯お茶でも」とホグワーツ内を歩いていたのではないかと想像もできる。ちなみに、フレッドとジョージによれば、その時ダンブルドア先生は「書斎の近くを歩いていた」らしい。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly