Menu
(0)

Search

『ファンタスティック・ビースト』『ハリー・ポッター』ファンイベント開催決定!「小道具の魔術師」ピエール氏来日記念、前作の試写も

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
(C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K. Rowling

全国の『ハリー・ポッター』と『ファンタスティック・ビースト』ファンに嬉しいお知らせだ。

シリーズ最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』2018年11月23日(金・祝)の公開を記念して、『ファンタスティック・ビースト』と『ハリー・ポッター』の全作品で小道具を手掛ける造形美術監督のピエール・ボハナの来日が決定。これに合わせて、全国7都市でファンイベントが開催されることとなった

ピエール・ボハナは、ロンドンを拠点に活躍する造形美術監督。『ハリー・ポッター』魔法シリーズで見る者すべてをワクワクさせ、魔法の世界へと誘った『空飛ぶほうき』や『魔法の杖』、クイディッチの試合で使用された『スニッチ』など、シリーズ全作の小道具を手掛けており、『ファンタビ』でも魔法の杖や、主人公ニュートのトランクなどをの他数々の小道具制作を担当。『ハリポタ』&『ファンタビ』シリーズのみならず、『ダークナイト』、『ゼロ・グラビティ』、『ジャスティス・リーグ』、『美女と野獣』、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』など、近年のハリウッド超大作の小道具をすべて手掛けている大ベテランで、J.K.ローリングが創造した魔法世界を立体的に具現化した、映画製作の担い手のひとりだ。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
(C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K. Rowling

そんな小道具の魔術師、ピエール・ボハナが、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のプロモーション来日以来約2年ぶりに、2018年10月上旬に来日決定。東京、札幌、仙台、福岡、広島、大阪、名古屋の全国7都市にてファンイベントの開催が決定した。この来日で、我々に新しい魔法の世界を一足先に少しだけ見せてくれるというから楽しみだ。さらに公開記念として、前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の試写会も同時開催!前作を大きなスクリーンで見られるチャンスでもある。

このファンイベントや前作試写会の詳細は、続報が入り次第、追ってお伝えしよう。まずは『ハリポタ』『ファンタビ』ファンの集いに備え、ダイアゴン横丁に買い出しに出掛けなくては!

ピエール・ボハナ プロフィール

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
ピエール・ボハナ

ピエール・ボーハンナのキャリアは図案作成と船大工の見習いとして始まった。その後、映画制作との関わりはボウテル社(BOWTELL)という会社がきっかけで、その会社はTVCM・写真撮影向けの模型制作や視覚効果を手がけており、彼は下働きのポジションから始めた。そこでの作業内容は最終的に視覚効果が付けられる前の準備段階のものであったため、彼の担当していた業務はカメラ上での模型や視覚効果を生み出すものだった。ここで培った経験は、その後の彼のキャリアにとって大きな糧となる。

その後独立して模型制作を専門とするフリーランスとなり、ロンドンを拠点としながらスプリティング・イメージ社(Splitting Image)やハットトリック・プロダクションズ(Hat Trick Productions)などといった視覚効果や小道具制作の会社と仕事をするようになる。そしていよいよパインウッド・スタジオ、リーブスデン・スタジオ、シェパートン・スタジオといったイギリスの三大スタジオが主な活躍の場となり、特殊な小道具や模型を手がけることが多くなっていく。そのころ手掛けた作品には『ジャッジ・ドレッド』(1995)、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999)、『トゥルーナイト』(1995)などがある。その後、映画『タイタニック』(1997)の大量に渡る小道具の企画・制作の発注を受けることになる。

それらを経て、現在は映画の小道具・模型・コスチュームなどの制作企画からそれら部門の運営までを責任者として任されている。責任者として手がけた主な作品には『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』(1999)、『ハリー・ポッター』全シリーズ、『サンシャン2057』(2007)、『ダークナイト』(2008)、『ゼロ・グラビティ』(2013)、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)、『美女と野獣』(2017)、『ターザン :リボーン』(2016)、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)、『スター・ウォーズ エピソード8』(2017)、『ジャスティス・リーグ(原題)』(2017)といった大作が名を連ねる。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』では、ホグワーツやダンブルドア先生が登場し、『ハリー・ポッター』シリーズとのより深い関連が描かれ、二重三重の面白さが組み込まれたストーリーに。物語も魔法もパワーアップし、最高潮の興奮へと導いてくれる、この冬最強の物語から絶対に目が離せない。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、2018年11月23日(金・祝)公開。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly