Menu
(0)

Search

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』日本語吹替版キャスト発表! 『ハリー・ポッター』魔法ワールドに豪華声優陣が集結

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
(C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K. Rowling

”ハリー・ポッター魔法ワールド”の最新作、映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が2018年11月23日(金・祝)より全国で公開される。

本作の日本語吹替版では、エディ・レッドメイン演じる主人公ニュート・スキャマンダーの声を、前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)に続いて宮野真守が担当。このたび、さらなる豪華声優陣の起用が発表された。

『ファンタビ』最新作を彩る豪華声優陣

まず、本作で『ファンタビ』シリーズ初登場となるダンブルドアの声優を務めるのは森川智之。ダンブルドア役を演じるジュード・ロウの吹き替えで知られているだけに、これはファンも納得の配役だろう。ジュードによるユーモラスでお茶目な“若きダンブルドア”をどのように吹き替えてくれるのだろうか?

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

また、ダンブルドアの双璧といわれる最高峰の魔法使いにして最強の敵グリンデンバルドの声を、ジョニー・デップの吹き替えでお馴染みの平田広明が務める。前作にはカメオ出演としての登場だったが、本作からはシリーズに本格参戦となる。平田の落ち着きある低音ボイスが、新たなジョニーのキャラクターに華を添えてくれるだろう。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

さらに、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)のゾーイ・クラヴィッツ演じるリタ・レストレンジの声には、「キラキラ☆プリキュアアラモード」(2017-2018)のキュアショコラ役のほか、映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(2017)でリリー・ジェームズ演じるチャーチルの秘書エリザベスの吹替を担当した森なな子。ニュートの兄テセウスの声は江口拓也が担当する。
ちなみにニュート役の宮野と江口は、テレビアニメ「妖狐×僕 SS」(2012)でパートナーを演じたことがあり、すでに息はぴったり。2人の兄弟関係が描かれるシーンに一層期待が高まる。

そして蛇に変身するマレディクタスの女性ナギニの声は、「アイドルタイムプリパラ」(2017-2018)で虹色にの役を演じた大地葉。実写作品でメインキャラクターの吹替を担当するのは今回が初めてとなる。

もちろん、前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』で吹替を務めた声優陣は本作にも続投。宮野真守のほか、ニュートと共に冒険を繰り広げるティナの声を「美少女戦士セーラームーン Crystal」(2014)のセーラーヴィーナスで知られる伊藤静、ジェイコブの声を間宮康弘、クイニーを遠藤綾、そしてクリーデンスを武藤正史が担当する。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は2018年11月23日(金・祝)全国ロードショー。字幕版だけでなく、ぜひ日本語吹替版も劇場で楽しんでほしい。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly