Menu
(0)

Search

『ファンタビ』第4作、日本を「絶対に」舞台にしたいとプロデューサー ─ 脚本は未着手

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

2022年2月14日、映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の公開を記念して、日本でファンイベントが開催された。同イベントでは、ビデオ出演したプロデューサーのデヴィッド・ハイマンが次回作の進捗についても明かしている。

ハリー・ポッター』の前日譚である『ファンタスティック・ビースト』シリーズは全5作が製作される予定。現在は第3作『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』が2022年4月8日に公開を控えている。

世界は今、ダンブルドアの秘密を知ろうと第3作の封切りを待ちわびているところだが、続く第4作の製作はすでに動き始めているのだろうか。プロデューサーのデヴィッド・ハイマンによれば、企画は初期段階にある模様。「次回作の脚本を書き始めていないんです」とイベントの場で語ったのだ。

また、ハイマンには第4作に関して個人的な願いがあるようで、「もし私の思い通りになるのであれば、絶対に日本に行くでしょうね」と、なんと『ファンタビ』の舞台として日本を選択。「私は日本が大好きなんです。世界中で最も好きな場所の一つで、11回くらい行っていますけど、まだまだ知らない魅力があると思っています」と日本愛を語ってくれた。

実は日本には、ホグワーツ魔法魔術学校を含めた世界の名門魔法学校11校の一つである魔法学校「マホウトコロ(Mahoutokoro)」が存在している、という設定がある。これはシリーズ原作者であるJ・K・ローリングの公認で、南硫黄島という離島に位置している。もしも日本が舞台になるとしたら、この「マホウトコロ」で学んだ魔法使いたちとニュートたちの交流も期待できるだろうか。

最新作『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』は、ブラジルやドイツ、アメリカ、イギリスなど世界各国を舞台に、ニュート率いるダンブルドア軍団と史上最悪の闇の魔法使いグリンデルバルトの戦いが継続されていく。エディ・レッドメインやジュード・ロウらメインキャストが続投し、グリンデルバルド役には新たにマッツ・ミケルセンが起用された。

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』は2022年4月8日公開。

Source: Wizarding World

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly