Menu
(0)

Search

『ファイナル・デスティネーション』シリーズ新作、プロデューサーが構想明かす

ファイナル・デッドコースター(2006)
© New Line Cinema 写真:ゼータ イメージ

『ファイナル・デスティネーション』シリーズでプロデューサーを務めるクレイグ・ペリーが、企画進行中の第6作(タイトル未定)の構想を明かしている。米Digital Spyとのインタビューで語った。

本シリーズは、自身の命を奪う事故を予感し回避した若者たちが、決して逃れられない“死”の運命に次々と襲われるスプラッターホラー。これまでに全5作が発表されており、シリーズ累計興収7億ドルを超える好成績を残している。第6作の企画の存在は、2019年1月より伝えられていたもの。作品において肝となる舞台設定について、クレイグは以下のように語っている。

「救命救急士や警察、消防士など、ファーストレスポンダー(緊急初期対応者)の世界で起こる物語をなんとなく考えています。こういう人たちは、日々前線で“死”に対応し、人間の生死が懸かった判断を下していますよね。そういった世界が『ファイナル・デスティネーション』に面白い具合に入り込んで、上手い形でユニークなアクションシーンを生み出すんじゃないかなと考えてます。」

各作品ごとのシチュエーションが見どころの1つである本シリーズは、これまでに、高速道路が舞台の『デッドコースター』(2003)、ジェットコースターが舞台の『ファイナル・デッドコースター』(2006)、サーキット場にて描かれる『ファイナル・デッドサーキット 3D』(2009)、吊り橋で繰り広げられる『ファイナル・デッドブリッジ』(2011)と、様々な設定で観客を震え上がらせた。

「シリーズを再創造する内容」になると言われる本作の脚本を執筆するのは、『ソウ』シリーズの第4~7作を手がけたパトリック・メルトン&マーカス・ダンスタン。本シリーズで原案を務めたジェフリー・レディックは「クレイグは、クレイジーな冒頭とアクションシーンを思いつく天才なんです。本作で起こることを幾つか話してくれて、かなり楽しいものになると思います」と自信を見せている。

Source:Digital Spy

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly