脳腫瘍を患う5歳の少年の「フィンと一緒に友達にプレゼントを配りたい」という夢をジョン・ボイエガが叶えた