Menu
(0)

Search

ドラマ「フライト・アテンダント」配信開始、吹替版予告編が公開 ─ 豪華声優陣によるコメントも

フライト・アテンダント
©2021 WarnerMedia Direct, LLC. All Rights Reserved. HBO Max™ is used under license.

ゴールデングローブ賞、放送映画批評家協会賞、全米脚本家組合賞など各年の注目作に贈られる名だたる賞にノミネートされ、世界中で話題となったHBO Maxオリジナルドラマ「フライト・アテンダント」が、U-NEXTにて2021年5月21日より独占配信された。このたび、配信開始を記念して日本語吹替版に出演する伊藤静中井和哉諏訪部順一新祐樹ら豪華声優陣によるコメントおよび、日本初公開となる吹替版予告が到着している。

主人公は自由奔放なフライト・アテンダントのキャシー。ある日、キャシーはバンコクへのフライトで出会った乗客、アレックス・ソコロフとホテルで一夜を共にするが、翌日目が覚めると隣には血だらけで殺害された彼が横たわっていた。パニックと恐怖のあまり自分がいた痕跡を隠蔽して、キャシーはアメリカ・ニューヨークへのフライトに乗ってしまう。本当の犯人は誰なのか。まさか、自分がやったのか。 事件の真相を追う彼女に待ち受ける運命とはいかに……?

視聴者の予想を軽やかに裏切り、誰を信じるべきか惑わせる捻りの効いた物語展開が、全米で大きな話題となった本作。最高にスリリングで、時にはダークに、時には笑えるユーモアも。バンコク、ローマ、ニューヨークの豪華都市を舞台に、ハイセンスで斬新な映像、ジャジーなサウンドによるスタイリッシュ・サスペンスに注目だ。

吹替版キャストのコメント

フライト・アテンダント

作品の見どころについて

伊藤静(キャシー)アレックスを殺した犯人を追って事件の真相に迫って行く流れはもちろんのこと、キャシーを取り巻く人たちが、な んだか全員色々な秘密がありそうな怪しさを持っていて…。人間関係も気になり、あっちもこっちも目が離せないドキドキの 展開が続いていきます。キャシーは記憶の糸を手繰って少しずつ取り戻していく中で、アレックスと過ごした一夜に何を感じ、何を思ったのか、というところもぜひ注目していただきたいと思います。

中井和哉(アレックス)「お酒の上での失敗」「死んだはずの男が喋りだす」など、導入部から受けるイメージはライトなものかもしれません。しかし物語はそこから想像もつかない広がりを見せます。二重三重に張り巡らされた謎に、キャシーがある時は翻弄され、ある時は自ら引っ掻き回す。彼女の生い立ちに根差す内面の問題から社会的な犯罪までが描かれます。複雑ではありますがテンポの良い、スリリングな展開をお楽しみください。

諏訪部順一(バックリー):あれもこれも言ってしまうとネタバレになってしまうかもしれないので何も言えません。何はともあれ、面白い作 品だと思いますので、ぜひご視聴いただけますと幸いです。あ、音声は、個人的には日本語吹替推しで。よろしくお願いい たします。

新祐樹(シェーン):事件が発生してアタフタするキャシーとその周りのハラハラドキドキはもちろん、死んだはずのアレックスがキャシーの 想像の中に出てくるストーリーのユニークさ、何よりキャシーの見ていてヒヤヒヤするところが見所です。何をするのかが読めません…。

自身の役を演じてみて

伊藤静(キャシー):私もお酒に飲まれて記憶がないことが割とよくあるので、キャシーには共感しかないです…身につまされる思いで 演じています(笑)さすがに目が覚めて隣に人が死んでいたことはないですが!今後もないように気をつけます…!現実と 頭の中でのアレックスとの会話を行ったり来たりするのに合わせて、感情もあっちこっち飛んでいくし、行動力もあっていろい ろ動いてしまう割に気付くと酔っ払っていたりもするので、状況の把握と、気持ちを追っていくのにちょっと難儀しました。

中井和哉(アレックス):死ぬ前のアレックスと死んでからのアレックスをどう変化させればいいのか、というのは悩みどころでした。死ぬ前の いかにも遊び慣れた風のスマートさと、死んでからの割と身も蓋もない不思議な可笑しみにはギャップがありますが、あくまで一人の人間のオンとオフという意識で演じたつもりです。もしアレックスが死ぬことなくキャシーと関係を深めていたなら、やがてはこういう姿を見せてくれていたのでは、というイメージでした。

諏訪部順一(バックリー):キャシーはかなりの発展家というイメージの人ですね。個人的にはこういうタイプの方は苦手なので、出来れば距離を置きたい感じです。なので、そういう素の自分の感情を出すことなく、劇中のバックリーにしっかりと心を重ねて演じ るよう努めております。他のシーンもすべてそうですが(笑)

新祐樹(シェーン):シェーンのキャラクターは飄々としていて、見た瞬間にこのキャラは愛されるなと思いました。彼のムードメーカーな雰囲気や、どこか憎めない愛嬌を表現できるように僕もとても楽しく吹替させていただいてます!ゲイである彼の、フライトアテ ンダント仲間への思いやりと好奇心が彼の素敵なところではないかと思います。

「フライト・アテンダント」シーズン1は、2021年5月21日より、U-NEXTにて見放題で独占配信。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly