【深夜0時のレポート】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』グッズ解禁『フォース・フライデー』イベント、熱狂の真夜中

スター・ウォーズの関連商品が一斉に解禁され、日付が変わった深夜0時から早速ショッピングを楽しめるファンイベント『Force Friday II(フォース・フレイデー・ツー)』カウントダウンが2017年8月31日夜、トイザらス・ベビーザらス 池袋サンシャインシティ店、代官山 蔦屋書店、渋谷ロフトの3 店舗で開催された。

starwars-force-friday-2017-4

starwars-force-friday-2017-1

THE RIVERは、会場の一つとなったトイザらス/ベビーザらス池袋サンシャインシティ店に向かった。到着した夜11時ごろ、フロアではジョン・ウィリアムズの名曲の数々をアレンジしたDJプレイが鳴り響く中、コスプレイヤーを含む200名以上のファンが0時の刻を待ちわびる。

starwars-force-friday-2017-5 starwars-force-friday-2017-9

ステージでは、『スター・ウォーズ』を愛してやまないヒップホップミュージシャンのダースレイダーが特別プロデュースしたライブイベントが開催。ダース自身含め、数々の若手ラッパーがコアな『スター・ウォーズ』ネタをテーマとしたラップを披露し、会場の士気を高めた。

starwars-force-friday-2017-32 starwars-force-friday-2017-33

11時55分、待望のフォース・フライデーまで残り5分を切ると、ステージの巨大モニタはカウントダウンを開始。新旧ストーム・トルーパーにダース・ベイダーも到着し、トイザらスのセキュリティを強化する。 starwars-force-friday-2017-10

そして2017年9月1日午前0時── 会場のファンはライトセーバーを天に掲げ、歓声と共に『フォース・フライデーⅡ』を祝った。トイザらス店内への扉が開け放たれ、ファンは次々とゲートをくぐり、まだ見たことのないスター・ウォーズ・グッズと対面。装い新たにしたおなじみのキャラクターや、未だ謎に包まれた新キャタクターのグッズを手にとっては、次々とカゴに放り入れていく。

starwars-force-friday-2017-35 starwars-force-friday-2017-37

様々な新商品が一斉に並んだ『フォース・フライデー』だが、トイザらスの担当者の話によれば、この夜売れ筋となったのが「ベーシックフィギュア」と「ブラックシリーズ 6インチフィギュア」だという。全長約10cmのベーシックフィギュアは価格も1,500円(税別)と求めやすく、集めているファンも沢山いるだろう。今回はルーク・スカイウォーカーや『最後のジェダイ』版カイロ・レン、更に新キャラクターのローズやペイジなど見逃せないキャラクターも多数。フィギュアには「フォース・リンク」機能が搭載されており、専用のアームバンドを装着して手に持つとセリフや効果音が発せられる。カイロ・レンのフィギュアがセットになった「フォース・リンク スターターセット」は2017年9月発売予定だ。

可動や塗装にこだわった「ブラックシリーズ」は、全長約15cm。『最後のジェダイ』版レイやカイロ・レン、ルーク・スカイウォーカーに加え、『新たなる希望』版ダース・ベイダー、ストーム・トルーパー、更にヘラ・シンドゥーラにスローン提督といったアニメ『反乱者たち』からのキャラクターもラインナップに加わった。

これらフィギュアを販売するタカラトミー担当者によれば、他にもライトセーバー・グッズが好評だと言う。スター・ウォーズのコスプレには欠かせないライトセーバーは、映画のプロップ(小道具)同様の質感やライト&サウンドを搭載したリアルな「ブラック シリーズ フォースFXライトセーバー」(3種、各25,000円 税別)が憧れのモデルだが、他にも「デラックス エレクトロニックライトセーバー」(12,000円 税別)や「パス オブ ザ フォース ライトセーバー」(8,000円 税別)「エレクトロニックライトセーバー」(5種、各4,000円・5,400円 税別)「ベーシックライトセーバー」(5種 各1,800円・2,200円 税別)といった買い求めやすいモデルも豊富にラインナップ。更に気軽にライトセーバーを体感したい方にオススメなのが、この度新たに加わった「ミニライトセーバー」(3種、各1,500円〜 税別)だ。全長15cmのポケットサイズでサウンドは鳴らないが、光った様はまさしくライトセーバー。気軽に楽しめるので、スター・ウォーズ好きの友人へのちょっとしたプレゼントにも絶対に喜ばれるはずだ。

starwars-force-friday-2017-39

さらにタカラトミーからは、自分の声に反応して動く、まるで本物のような究極のBB-8ドロイドも登場。フロアでは実演が行われ、自由自在に動き回るキュートすぎるBB-8を取り囲むように人だかりが出来ていた。この「ヒーロードロイド BB-8」は、付属のコントローラーによる操作はもちろんのこと、13種類の音声コマンド(英語)に反応してリアクションを取ってくれる。たとえば「カイロ・レン」の名を聞くと怯えて逃げるそうだ。更に、コントローラを持っている人の後をついてくる「フォローミーモード」も搭載。BB-8と一緒にお散歩が出来てしまう。

starwars-force-friday-2017-47

もうひとつ、店内で熱い注目を浴びていたのがスフィロ社より発表されたBB-9EとR2-D2だ。同社からは『フォースの覚醒』時にBB-8のドロイドが発売されており、スマホで自在に動くキュートさが各所で話題になっていたが、新たに待望のR2-D2と新型BB-9Eが登場。BB-8も新機能を搭載してパワーアップした。
新シリーズではAR機能を搭載し、同梱のドロイド・トレーナーとアプリを使ってスター・ウォーズの銀河系を探検できるという。ドロイドによって異なるホログラフィック環境が用意されており、BB-8は「レジスタンス・クルーザー」、R2-D2は「ミレニアム・ファルコン」と「オビ=ワンの住まい」、そしてBB-9Eは『最後のジェダイ』に先駆け、新しい「メガ・スター・デストロイヤー」の船内を通れるそうだ。また2017年秋には、スフィロ社製のアプリで動かす他のスター・ウォーズのドロイドと更新できる機能も追加予定(こちらは既存のBB-8 / Battle-Worn BB-8も同一アプリ内で更新可能)。

おなじみのビープ音を鳴らしながら動き回ってみせるR2に、ファンからは「かわいい…」のため息が。頭、肩、足2本の各1ヶ所ずる、合計4つのモーターを搭載しているので、二脚から三脚歩きにしたり、劇中のように「よちよち歩き」をさせることも可能。更に、ショートを落としてバタリと倒れるモーションも再現できる。
一方気になるのが、『最後のジェダイ』で新たに登場するBB-9E。スフィロ社の資料によれば、BB-9Eは「銀河の脅威を排除するためのファースト・オーダーをサポートする非常に高度な技術があります。近寄りがたく好戦的なアストロメク ドロイドには、要注意」とある。BB-8によく似たキュートな見た目だが、果たして「ファースト・オーダー所属の新たな脅威」と言われる所以とは?映画に先駆け、いち早くその手で操作したい。

starwars-force-friday-2017-22

ほかに注目したいアイテムは、「自らの手でR2-D2を組み立てよう!」という触れ込みの「ドロイド・インベンター・キット」。搭載されるlittleBitsモジュールは、ニューヨークを拠点とするスタートアップ企業が手がける”電子版のLEGO”と呼ばれる製品。マグネット式の各モジュールをつなぎ合わせ、子供から大人まで電子回路を楽しく学ぶことができるオープンソースのライブラリーだ。Bitモジュールとドロイド・パーツを組み合わせて、まったく新しいドロイドを作り出すこともできる。下記公式ビデオでその全容を確認しておこう。知育玩具にも最適で、パパとママは必見だ。

starwars-force-friday-2017-21

ハイクオリディなフィギュア「ムービー・マスターピース」シリーズで知られるホットトイズからは、トイザらス限定版として「ファースト・オーダー ストームトルーパー・エクセキューショナー」がディスプレイ。これまでのトルーパーのデザインを引き継ぎながらも、洗練された印象を見せるエクセキューショナーに、往年のファンは「今風だなぁ」とつぶやいた。

starwars-force-friday-2017-43

ホットトイズ社ほかにも、各社によるフィギュアシリーズが一斉に並んだ。中でもキャラクターを和風にアレンジした「名将 MOVIE REALIZATION」シリーズに加わった「僧兵ダース・モール」「浪人ジャンゴ・フェット」「隠密シャドウトルーパー」は男心をくすぐる。

starwars-force-friday-2017-51

ところで筆者は、『最後のジェダイ』の”かわいい枠”をあざとく担いそうな新キャラクター「ポーグ」に早くもゾッコン。おなじみPOP!からは店舗限定モデルも発表され、「トイザらス」ではリアルな質感の起毛仕上げを施した限定版ポーグ(フロッキー版)が店頭に並んでおり、思わず購入。限定版はトイザらスの他にも「劇場」「ヨドバシカメラ」「アピタ」「ヴィレッジバンガード」「トイサピエンス」で展開される。

各店舗の「フォース・フライデー」イベントレポート

この日はトイザらス・ベビーザらス 池袋サンシャインシティの他にも、代官山 蔦屋書店、渋谷ロフトでも同様にイベントが開催された。

代官山 蔦屋書店01 代官山 蔦屋書店02

代官山 蔦屋書店では、白い外壁が『最後のジェダイ』テーマカラーである“赤”に染まり、ストーム・トルーパーが集結。特別ゲストとしてデーブ・スペクターさんを招いてのトークショーも開催され、約 200 人のファンと共に盛り上がった。

渋谷ロフト02

渋谷ロフトでは、「Force Friday II スペシャルショップ」として異例の真夜中に特設売場をオープンし、事前抽選で当選した200 名のファンと共にカウントダウンイベントを行った。ロフト限定グッズを含めた国内最大級約1,000種類の充実した品揃えで、店内はスター・ウォーズ一色に。会場限定フォトロケーションや、72 分の1「ミレニアムファルコン」のジオラマ、「等身大レイ&BB―8(レゴ®ブロック製)」といったスペシャルな大型展示物が登場し、ファンのみならず話題のスター・ウォーズの世界を存分に楽しめる貴重なイベントとなった。

ほか、店舗内の商品画像やイベントの様子は以下のギャラリーで。『フォース・フライデー』で解禁された商品のラインナップはディズニー公式サイトでまとめてチェックできる。

ギャラリー

© 2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。