ディズニー『アナと雪の女王』新作を小説・アニメ・ゲームでリリース!

2013年の大ヒット作品『アナと雪の女王』の新作がふたたび製作されることがわかった。タイトルは『FROZEN: NORTHERN LIGHTS(原題)』。昨年に短編『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』が製作されてから早々の復活だ。

http://frozen.disney.com/

http://frozen.disney.com/

ディズニーの発表によると、『FROZEN: NORTHERN LIGHTS』は複数のメディアで展開されるという。第1弾は小説で、アメリカでは7月5日にランダムハウス社より刊行され、この作品を皮切りにシリーズ数冊が出版される。つづいて短編レゴ・アニメのシリーズがディズニー・チャンネルで放送され、こちらには『アナと雪の女王』に出演したオリジナル・キャストが再集合する予定だ。

新作は「オーロラの光を取り戻すために、アナ・エルサ・オラフ・クリストフ・スヴェンが旅をする」というストーリーだといい、レゴ・アニメとはいえ、前回の短編以上に『続編』らしい内容となりそうだ。ディズニー・ワールドワイド・パブリッシングのアンドリュー・シュガーマン氏によれば、今回は「自然と文化が出会う物語」だというが、一体どんな物語になるのだろう? 公式サイト(英語)では小説の第1章が公開されているので、気になる方はぜひチェックしてほしい。

今回はレゴ・アニメ。 http://variety.com/2016/tv/news/frozen-disney-northern-lights-1201799910/

今回はレゴ・アニメ。
http://variety.com/2016/tv/news/frozen-disney-northern-lights-1201799910/

アンドリュー氏は、「この新たな冒険をみなさんと共有できること、また本やゲームという新しい形で、みなさんにお気に入りのキャラクターたちと出会う機会をお届けできることを嬉しく思います」と述べている。この発言からは、小説やアニメにとどまらず、ゲームなどさらなるメディア展開の計画がうかがえる。

『FROZEN: NORTHERN LIGHTS』が日本でどのような形で公開されるのかは明らかになっていない。果たしてオリジナル・キャストは再び揃うのだろうか。楽しみに待ちたいところだ。

source:
http://deadline.com/2016/06/frozen-northern-lights-book-animated-shorts-disney-1201776236/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。