Menu
(0)

Search

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は「フュリオサの映画だった」─ トム・ハーディ「とてもよく出来た交代劇だった」

マッドマックス 怒りのデス・ロード
© LFI/Photoshot 写真:ゼータ イメージ

荒廃した近未来を舞台に家族を殺された男の戦いを描く人気シリーズ『マッドマックス』。アカデミー賞6部門受賞、世界が熱狂した第4作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)では、シリーズのメインキャラクターであるマックス(トム・ハーディ)を差し置いて、観客の全視線を奪った登場人物がいる。暴力で民衆を支配する独裁者に反旗を翻し、彼の妻たちの逃走計画を実行した丸刈り頭&義手の戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)だ。

フュリオサはシリーズ初登場にもかかわらず、圧倒的な存在感で観客を惹きつけただけでなく、物語の重要な鍵を握った、いわばもうひとりの主人公的存在だ。Esquireのインタビューにてハーディは、「結果的に、れはフュリオサの映画になりましたし、それが素晴らしかったです」と彼女の存在感を称えている。本作の英題である『Mad Max: Fury Road』にちなみ、「フュリー・ロード。フュリオサの名前が題名に入っていたんです」と続けた。

現在、フュリオサを主人公とした前日譚映画『Furiosa(原題)』が、2023年公開に向けて準備されており、ハーディは「今となってみれば、(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は)マッドマックスからフュリオサへの引き継ぎだったわけです」と述べている。「とてもよく出来た交代劇だった思います。ただ、(ジョージ・ミラー)はマッドマックスを手放したわけでもありません。ふたつのキャラクターを分けていて、それがとにかく最高なんです」。

フュリオサが素晴らしかったのはもちろんだが、メル・ギブソンにかわってマックスにふんしたハーディもまた、激しくのしかかる期待感の中、圧倒的な演技で観客の心を掴んで最後まで離さなかった。『マッドマックス』シリーズにはフュリオサの前日譚映画のほか、前作からの正統な続編も企画されているため、こちらでハーディがマックス役として再登場することを願うばかりだ。

Source:Esquire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly