Menu
(0)

Search

『GANTZ』ハリウッド映画化 ─ 『オーヴァーロード』監督やDCドラマの脚本家が就任

GANTZ 1

奥浩哉による日本の漫画『GANTZ』ハリウッド実写映画化企画が進行中であることがわかった。米Deadlineが報じている。

『GANTZ』は、「ガンツ」と呼ばれる謎の黒い球の元に集められた人々が、星人をやっつけるよう指示され、転送された先々で訳もわからぬまま奇妙な星人との戦いを強いられる人気SF作品。国内では2004年にテレビアニメ化を果たし、2011年には二宮和也や松山ケンイチら出演で実写映画化もされた。2016年にはフルCGアニメで映画化もされている。

報道によると本企画では、『GANTZ』原作漫画に基づき、「ARROW/アロー」や「レジェンド・オブ・トゥモロー」などのDCドラマで知られるマーク・グッゲンハイムが脚本を執筆。監督を『オーヴァーロード』(2018)のジュリアス・エイヴァリーが務める。

製作はソニー・ピクチャーズ。同社はこのごろ、伊坂幸太郎による日本の小説『マリアビートル』をブラッド・ピットら豪華キャストで実写化した映画『Bullet Train(原題)』の撮影を終えたばかり。日本産コンテンツの実写化企画が続く。

『GANTZ』実写化企画は初期段階にあり、製作開始時期は不明。舞台が日本になるのかどうか、誰がキャラクターを演じるかなど、気になるポイントは多いだろう。

Source:Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly