ネタバレ注意!『ゲット・アウト』「もう一つのエンディング」一部が公開に ─ 差し替えに至った理由、監督が語る

第 90 回アカデミー賞脚本賞ほか数々の賞を受賞した話題作で、映画の常識を覆したサプライズ・スリラー映画『ゲット・アウト』のブルーレイ&DVD が2018年4月11日(水)より発売される。この特典映像より 、「もう 1 つのエンディング」の一部が公開された。

注意

この記事には、『ゲット・アウト』(2017)の内容が含まれています。

既に本編を視聴した方は、この映像が何を指し示すかすぐに分かるだろう。監督のジョーダン・ピールはこのエンディングについて「クリスはいわば殉教者です。彼は巨大な敵を倒した。でも、彼にとって重要だったのはその敵が彼の中の悪魔であったこと。内なる悪魔を倒し魂を解放したんですね。彼の魂は自由なんです」とコメント。また「非常に心に響く場面で最高でした。その意味ではこのバージョンの却下は罪」とまで発言している。

またジョーダン・ピール監督は、当初予定していた本エンディングを差し替えた理由について「このエンディングは当時の世界が必要としていた強烈なメッセージになりうると思いました。(省略)このエンディングの撮影までには反人種差別活動の芽が実を結び始めていたんです。解放されることを望む人々のためエンディングを差し替えました」と述べている。

映画『ゲット・アウト』2018年4月11日(水)発売のブルーレイ&DVDには、編集なしの本映像のほか、未公開映像、ジョーダン・ピールによる詳細な本編の音声解説などが収録される。あの衝撃を自宅でもう一度体験しよう! 

『ゲット・アウト』公式サイト:http://www.nbcuni.co.jp/movie/sp/getout/

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。