Menu
(0)

Search

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』はイースターエッグも見どころ ─ 『遊星からの物体X』『ジョーズ』「リック・アンド・モーティ」など

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
© 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

ハリウッド版『ゴジラ』シリーズの最新作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は、本編に隠されたイースターエッグ(小ネタ)も見どころのひとつとなっているようだ。米ComingSoon.netは、2017年に撮影現場で行われたマイケル・ドハティ監督へのインタビューを公開している。

『ゴジラ』続編に隠された名作へのオマージュ

ワーナー&レジェンダリーの展開する「モンスターバース」の第3作である『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』にとって、ユニバースとしての前作は『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)。同作を手がけたジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督は、数々の映画やアニメ、ゲームなどポップカルチャーに精通しており、作品の端々にオマージュとイースターエッグを詰め込んだ。マイケル監督は『キングコング』のもつ“イースターエッグ志向”を意識的に踏襲したようである。

そのうちのひとつが、南極に設置された基地に「前哨基地32(Outpost 32)」という名前が付けられていること。これはジョン・カーペンター監督の傑作『遊星からの物体X』(1982)に登場する、米国の南極研究施設による「前哨基地31(Outpost 31)」を踏まえたものだという。

「完全に『遊星からの物体X』への目配せです。ずっとやりたかったアイデアなんですよ。前哨基地31が焼けてしまって、新しいのを建てなきゃいけなくなったという。」

また、特務機関モナークが怪獣(Titans)を研究するために水中に構えた基地は「オルカ(Orca)」という名前だという。これはスティーブン・スピルバーグ監督『ジョーズ』(1975)で、ロバート・ショウ演じる漁師クイントが所有する船の名前と同じである。

さらにComingSoon.netは、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に登場するキャラクターにまつわるイースターエッグを紹介している。ブラッドリー・ウィットフォード演じるリック・サントス博士は政府を軽視し、“考えるに足るものは科学のみ”という態度を貫く人物だというが、名前といい態度といい、アニメ「リック・アンド・モーティ」(2013-)のリック・サンチェス博士にそっくりなのだそうだ。これについて尋ねられたマイケル監督は、サンチェス博士がアルコール依存症だという設定を踏まえて「彼(サントス博士)も飲み過ぎるんですよ」と答えている。

もちろん本編には、これら以外にも多くのイースターエッグが隠されているという。東宝怪獣映画への愛情を公に語ってきたマイケル監督ゆえ、怪獣映画へのオマージュも含まれているとみられるが、果たしてどんなイースターエッグがひそんでいるのか……。大画面で細部までじっくりと確かめたい。

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は2019年5月31日(金)全国ロードショー

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』公式サイト:https://godzilla-movie.jp/

Source: ComingSoon.net

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly