Menu
(0)

Search

『ギャング・オブ・ニューヨーク』ドラマ化決定、マーティン・スコセッシが第1・2話を監督

Rita Molnár https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Leo_Scor_Diaz(GangsofNY)-.jpg

2001年に公開された映画『ギャング・オブ・ニューヨーク』が再びマーティン・スコセッシを監督に迎え、米ミラマックスによりドラマ化されることが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

1927年に出版されたハーバート・アズベリーによる同名ノンフィクション書を下敷きにした映画版は、1864年のニューヨークはファイブ・ポインツを舞台に、アメリカ生まれのメンバーが結成した組織“ネイティブス”と、アイルランド移民による組織“デッド・ラビッツ”の激しい対立が描かれる。主人公アムステルダム役でレオナルド・ディカプリオ、アムステルダムが想いを寄せるジェニー役でキャメロン・ディアス、ネイティブスのボスであるビリー・ザ・ブッチャー役でダニエル・デイ=ルイスが出演した。アカデミー賞では作品賞含む全10部門にノミネートされた。

このドラマ版では、映画に登場していない新キャラクターと新たな物語が描かれると伝えられており、リメイクではなくスピンオフ的なシリーズとなるようだ。スコセッシが第1・2話で監督を務め、製作総指揮も兼任。「シャンタラム」(2022)のブレット・レナードが脚本を手がけ、『アイリッシュマン』(2019)のリック・ヨーン、「Heels(原題)」(2021)のクリス・ドネリーも製作総指揮に名を連ねる。

『ギャング・オブ・ニューヨーク』をドラマシリーズ化する企画は、2013年にも浮上している。そのバージョンではニューヨークだけでなく、シカゴやニューオーリンズなどの都市も舞台に組織的なギャングを追い、アメリカにおける組織犯罪の誕生を描く内容となっていた。

スコセッシとミラマックスがタッグを組むドラマ版『ギャング・オブ・ニューヨーク』の新キャラクターや、出演キャストなどの新情報に注視しておきたい。

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly