Menu
(0)

Search

ジョニー・デップ主演『グッバイ・リチャード!』公開決定 ─ 人生はくそったれで、愛おしい

グッバイ、リチャード!
©2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『パイレーツ・オブ・カリビアン』でおなじみジョニー・デップ主演『The Professor(原題)』が、邦題グッバイ、リチャード!として、2020年8月21日(金)より全国公開されることが決定した。本日、2020年6月9日はジョニー・デップ57歳の誕生日。ちなみに今年は、デップの初主演映画『クライ・ベイビー』(1990)から30年というメモリアルイヤーである。

「余命180日です」。大学教授・リチャードに告げられた突然の余命宣告は、博学でエレガント、真面目な夫として、妻や娘との何不自由ない暮らしを送っていたはずの人生を一変させた。さらに妻と上司の不倫を知らされ、リチャードの日々は予期せぬ展開を迎える。死を前に怖いものがなくなった彼は、残りの人生を自分のために謳歌しようと決心。あけすけにものを言い、授業中に酒やマリファナを楽しむ。ルールや立場に縛られない新しい生き方はこれまでにない喜びを与え、人の目を気にも留めない破天荒な言動は周囲にも影響を与えていくのだった。しかし、リチャードの“終わりの日”は着実に近づいていて……。

主人公リチャードを演じるジョニー・デップは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』をはじめとする超大作からミニシアターまで幅広く出演し、作品の大小にかかわらず世界中のファンを魅了する名優。ゴールデングローブ賞など数々の賞に輝くかたわら、ファッション・アイコンとしても支持されるデップが、再びインディペンデント作品への回帰を果たした。唯一無二のキャリアを歩むデップ自身を投影したかのようなリチャードの生き様は、すべての観客に“自分の人生を歩む”ことの勇気と大切さを教えてくれる。公開されたビジュアルでは、デップ演じる主人公リチャードがどこか不安げな表情を浮かべ天を見つめている。「人生はくそったれで、愛おしい。」というコピーも印象的だ。

クリント・イーストウッド特集

プロデューサーは第82回アカデミー賞で6部門に輝いた『ハート・ロッカー』(2008)のグレッグ・シャピロ。”人生の終わり”というテーマをユーモラスに描いたのは『グッバイ、ケイティ』(2016)の新鋭ウェイン・ロバーツだ。共演には『ゾンビランド:ダブルタップ』(2019)の次世代若手女優ゾーイ・ドゥイッチ、『ワンダーウーマン』(2017)のダニー・ヒューストンらが名を連ねた。

グッバイ、リチャード!
©2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『グッバイ、リチャード!』は2020年8月21日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly