Menu
(0)

Search

Googleで「ブルース・ウェイン」と検索するとバットシグナルが灯ってバットマンが出現する

Google検索結果画面にバットシグナルが灯る?映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』の公開を記念してか、検索エンジンのGoogleに粋な仕掛けが施されている。バットマン関連語句を検索すると、画面がバットマン仕様になるのだ。

日本語にも対応している模様で、ブルース・ウェイン」「ゴッサム・シティ」「バットシグナル」(中黒点アリ・ナシの表記ゆれにも対応)と検索すると、検索結果画面のリッチスニペット枠内にバットシグナルが出現。タップ(又はクリック)すると雷鳴と共に画面が暗くなり、バットシグナルが灯る。しばらくすると、画面左下からバットマンの影が飛び抜けていくというギミックだ。

ライトをタップすると……
夜空にバットシグナルが出現
バットマンの影が飛んでいく!

これはデスクトップでもスマートフォンでも対応しているので、今すぐ手持ちのデバイスで試してみよう。

Varietyが伝えたGoogle広報からのコメントによると、米ワーナー・ブラザースはこの企画のスポンサーにはなっていないそうである。つまり、いわゆるタイアップ施策ではなく、遊び心あふれるGoogleが独自に行なっていると考えられそうだ。このイースターエッグは今後1年間実装されるという。

映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は2022年3月11日より日本公開。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly