Menu
(0)

Search

マット・デイモン、『グレートウォール』が失敗することを悟っていた ─「大惨事になると思った」

マット・デイモン
Photo by NASA/Bill Ingalls https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%27The_Martian%27_World_Premiere_(NHQ201509110004).jpg Remixed by THE RIVER

マット・デイモン主演、チャン・イーモウが監督を務めた中米合作の超大作映画、『グレートウォール』(2016)。160億円以上という莫大な製作費がかけられた本作は、中国国内で約190億円、そして米国国内で約50億円という期待値を下回る興行収入となってしまった。批評家からの評価も厳しく、なかなか思うように振るわなかった本作だが、どうやらデイモンは撮影段階から失敗する可能性を悟っていたのだという。

WTF Podcastにて、デイモンは「これこそ大惨事になる流れだと思いました」と本作の撮影時に抱いていた思いを打ち明けている。その理由は、ハリウッドのスタジオが、イーモウにビジョンを変えるよう圧力をかけている光景を目の当たりにしてしまったからとのことだ。「まとまりがなく、映画として成立していなかった」。

デイモンはつづけて、「自分がいま芝居していることを自覚しながら、“あと4ヶ月だ。ここはハンバーガーヒルでの夜明けの包囲戦。ここで必ず死ぬことにはなるけど、やるしかない”みたいに思っていました」と振り返っている。「クリエイティブな仕事をする上では、このくらいの気持ちを持つことが必要でしょう。ただ、二度とこんな気持ちにならないことを願っています」。

ちなみに15歳の娘について、デイモンは「彼女は僕の映画をわざと観に行かないんです。ただ、上手くいかなかった作品だけは観ている上に僕のことをいじってくるんですよ」と話しており、そのなかでも『グレートウォール』は観ているのだという。「この映画について話すときは、『ザ・ウォール』と彼女はいつも呼んでいて、“おいおい、『グレートウォール』だぞ”と訂正すると、“グレートなところなんて、あの映画にはひとつもない”と言い返されてしまうんです」。父親に当たりの強い娘だが、デイモンはそんな娘のことを誇りに思っているようだ。「僕の知る限りでは、娘が一番おもしろい人だと思う」。

Source: The Hollywood ReporterWTF Podcast

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly