Menu
(0)

Search

『グリンチ』日本語吹替版の予告編&ポスターが到着 ― 大泉洋、秋山竜次(ロバート)、横溝菜帆の吹替シーンをチェック!

グリンチ
©2018 UNIVERSAL STUDIOS

『怪盗グルー』シリーズや『ミニオンズ』(2015)、『ペット』(2016)、『SING/シング』(2016)のイルミネーション・エンターテインメントが贈る最新作グリンチ。絵本作家ドクター・スースの名作で、アメリカではサンタクロースに並ぶ“クリスマスの代名詞”である国民的キャラクターが、いよいよもうすぐ日本に上陸する。

このたび、グリンチ役の大泉洋、ブリクルバウム役の秋山竜次(ロバート)、シンディ・ルー役の横溝菜帆による吹替えシーンが収められた日本語吹替版の本予告映像が到着。グリンチの後ろ姿を捉えたポスタービジュアルも公開された。

このたび公開された映像では、グリンチが憎んでやまない“クリスマス”を盗むという壮大な悪だくみの全貌が明らかとなり、大泉洋演じるグリンチのほか、秋山竜次(ロバート)が演じるブリクルバウム、横溝菜帆演じるシンディ・ルーの声がお披露目となっている。

見事にサンタクロースに変装したグリンチは、自ら開発したハイテクな道具を駆使してフーの村からクリスマスを大胆かつコミカルに盗んでいく。竹馬のように伸びる特製ブーツで家の煙突を渡り歩き、伸縮自在な光るステッキでプレゼントをごっそり回収。星形の手裏剣を投げてクリスマスツリーまで盗んでしまう。さらには盗んだプレゼントやツリーを積み込むため、さまざまな仕掛けが施された最新型の超高性能ソリが登場、愛犬マックスはトナカイに変装する。グリンチのクリスマス強奪作戦、キュートなキャラクターたち、そして日本語吹替版の声優陣にぜひ注目してみてほしい。

映画『グリンチ』は2018年12月14日(金)全国ロードショー。

『グリンチ』公式サイト:https://grinch.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly