Menu
(0)

Search

ハリウッド『呪怨』リブート版は新解釈、従来から方向性を一新 ─ 「『セブン』のような独立した作品に」

呪怨
※画像はイメージです Image by Björn Daniel Weissberg https://www.flickr.com/photos/152191555@N04/37367691952

日本の人気ホラー映画『呪怨』シリーズをハリウッドでリメイクした、『THE JUON/呪怨』のリブート版が製作進行中だ。米Entertainment Weeklyにて、新たに監督を務めるニコラス・ペシェが作品の方針を明らかにしている。

清水崇監督が2000年に生み出した『呪怨』シリーズは、2019年2月現在、日本で計8作、ハリウッド版が計3作発表されている。このたびリブートされる『呪怨(邦題未定、原題:Grudge)』は2018年春の時点で撮影が終了しており、シリーズ誕生から20周年にあたる2020年1月の米国公開を目指して製作が進行中。ニコラス監督によれば、リブート版は「これまでの作品とは大きく異なる解釈」になっているという。

「これまでの作品(『呪怨』シリーズ)は今後もずっと残っていきますし、みなさんに観られていくと思うんです。けれども最近のホラー映画の観客は、もっと現実的でリアルな、キャラクターが物語を転がしていく作品を求めています。(リブート版は)いまのところ順調ですよ。洗練された、繊細なホラーのストーリーになることでしょう。
僕たちは(『呪怨』を)現代にアップデートしようとしています。[中略]『呪怨』はたくさん作られていますから、斬新で、新鮮なやり方を発見したかったんですよ。エキサイティングな映画になると思います。」

ニコラス監督は、2016年のサンダンス映画祭で話題を呼んだ『The Eyes of My Mother(原題)』、村上龍の同名小説をハリウッドで映画化した『ピアッシング(邦題未定、原題:Piercing)』で脚本・監督を担当した1990年生まれの新鋭。すなわち『呪怨』リブート版は、『ピアッシング』に続いて再び日本発の作品を翻案する機会となったわけである。

米国公開までは約1年もの時間があるリブート版『呪怨』だが、ニコラス監督はそのストーリーについてこのように述べている。

この映画は『セブン』(1995)のような類の作品で、大きく独立しているんです。刑事の物語が全編を貫いていて、アンドレア(・ライズボロー)演じる刑事が新しい事件を担当し、映画全体の推進力になっている。彼女はすばらしいですよ、何においても見事なんです。彼女の演技を見れば、どういうことなのかわかっていただけますよ。」

脚本を執筆したのは、Netflixドラマ「NIGHTFLYERS/ナイトフライヤー」(2018-)やスティーブン・キング原作『ペット・セマタリー(邦題未定、原題:Pet Sematary)』(2019)のジェフ・ビューラー。日本の人気ホラーをハリウッド期待のクリエイターがいかに扱ったのか、その手腕に期待しよう。

リブート版『呪怨(邦題未定、原題:Grudge)』は2020年1月3日に米国公開予定

Source: EW

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly